海藻・こんにゃく・春雨料理のレシピ、作り方

クスパ > クスパ レシピ > 海藻・こんにゃく・春雨料理のレシピ

海藻・こんにゃく・春雨料理のレシピ

検索条件

海藻・こんにゃく・春雨料理のレシピ一覧

全62件中10件表示

表示順:
新着順
美味しそう順

お気に入りレシピ

春雨とマヨネーズもよく合います。一皿あると、ホッとするサラダ。

分量
4人分
調理時間
15分
材料
春雨、ツナ缶、胡瓜、A マヨネーズ、A 砂糖、A 醤油、A わさびまたは和からし、塩コショウ

美味しそう:1件  公開日:10月7日 教室名:お料理&お菓子の教室 12カ月

お気に入りレシピ

ダイエットの薬膳♪ 台湾出張の後、体重が増えた家屋のためのデトックス系薬膳のひとつ。BMIの標準値70kg程度が目標なのが74.4kgに!しかし、1週間で71.5kgに戻しました。海藻と…

分量
4人分
調理時間
5分
材料
◎もずく、◎絹ごし豆腐、◎拍子木切りの胡瓜、◎くし形切りのトマト、りんご酢、黄パプリカのみじん切り

公開日:2月16日 教室名:ナチュラル薬膳生活カレッジ 柏本校サロン

お気に入りレシピ

がんを予防する薬膳おせち♪ 初めて香港で入手してみた日干し姫松茸(アガリクス?)と、昆布かつお出汁で、黒木耳や根菜をお煮しめに仕上げました。きのこ類の姫松茸や黒木耳の多糖類で免疫力をアッ…

分量
4人分
調理時間
60分
材料
A:姫松茸、A:水、昆布かつお出汁、B:黒きくらげ、B:水、こんにゃく(下ごしらえ済)、粗糖、日本酒、人参の乱切り(下ごしらえ済)、蓮根の乱切り(下ごしらえ済)、斜め…

公開日:1月2日 教室名:ナチュラル薬膳生活カレッジ 柏本校サロン

お気に入りレシピ

「タカラ本みりん」で作る≪しょうがみりん≫でかんたんおかずを作りませんか? 夕食の副菜としても!お弁当の一品にも!ラーメンやうどんの具材にも! みりんのやさしい甘味とうまみで、子供もパクパ…

分量
2人分
調理時間
10分
材料
わかめ(戻したもの)、しょうがみりん、しょうゆ、白ごま、太白ごま油(調理用)

美味しそう:1件  公開日:11月20日 教室名:天然酵母パン教室 2525bread

お気に入りレシピ

お魚売り場で見かける刻み昆布。たっぶりと2パック使用して豚バラと一緒に炒めます。

分量
4人分
調理時間
5分
材料
刻み昆布、豚バラ肉スライス、酒、砂糖、醤油

美味しそう:1件  公開日:10月26日 教室名:émouvoir エムヴォワール

お気に入りレシピ

千利休がごまを好んだことから、ごまを使った料理を「利休」とつくことがあります。 このレシピは白ねりごまと卵黄を合わせたたれをこんにゃくに絡めています。

分量
4人分
調理時間
10分
材料
こんにゃく、A 白ねりごま、A 卵黄、A 酒、A しょうゆ、A みりん、白いりごま

公開日:10月20日 教室名:eriko cooking salon Jiyugaoka

お気に入りレシピ

乾物のガゴメ昆布と 季節の野菜とあえる

分量
4人分
調理時間
15分
材料
ガゴメ昆布、オクラ、梅干し、しょうゆ、ミリン

公開日:9月28日 教室名:養生料理教室 赤目キッチン 

お気に入りレシピ

夏のひんやり健康スープです!トロトロ食材を使った身体にやさしいスープ! そのままスプーンでいただいても良し! 冷たいそーめんにかけても良し! これからの時期に是非どうぞ(^^)V

分量
5人分
調理時間
15分(冷蔵庫で1時間)
材料
チアシード、水、わかめ(塩蔵を水戻し)、めかぶ、きゅうり、白だし、水、しょう油、みりん、ごま油、リンゴ酢、長芋(5mmのさいの目)、オクラ(茹でて輪切り)、なめこ(茹…

美味しそう:1件  公開日:6月10日 教室名:Baking Kitchen COR2

お気に入りレシピ

コンニャクとしめじの美味しいコラボレーションです。

分量
4人
調理時間
20分
材料
ねじりコンニャク、しめじ、赤唐辛子、醤油(今回は薄口と濃口半々で)、みりん、サラダ油

美味しそう:3件  公開日:5月15日 教室名:大阪交野クッキングサロンエストレージャ💫

お気に入りレシピ

「ダルーラ・スパイシーオニオン」がヘルシーなボリュームアップした朝食に変身!スパゲティの変りにしらたきなら、カロリーも気にならず腹持ちもよく、ソースも残らず飲めます。また、パルメザンチーズ…

分量
2人分
調理時間
6分
材料
しらたき(あくぬき不要)   、豚挽き肉           、ダルーラ(スパイスオニオン) 、水              、胡椒           、塩    …

美味しそう:2件  公開日:12月21日 教室名:salon-de-mahya -マーヤのワインと料理の会-

ページのトップへ戻る