元気になる ぶりのバジル焼き えのきソースのレシピ、作り方(須崎 桂子)

クスパ > クスパ レシピ > 魚介のおかず > ぶり > 元気になる ぶりのバジル焼き えのきソース

クスパ レシピ

元気になる ぶりのバジル焼き えのきソース 須崎 桂子先生

印刷する

元気になる秋の季節薬膳♪
秋から脂がのってくる鰤(ぶり)で、気血をチャージするハーブ薬膳です。えのき茸のとろみを活かし、ソース仕立てで添えました。とろみの正体は多糖類。秋の乾燥から粘膜を守るほか、抗がん作用も期待できる薬膳素材です。

<材料>  分量:4人分   調理時間:20分

ぶり
4切れ
小麦粉(薄力粉)
小4
オリーブオイル
大1
バジルペースト
小4
えのき茸
200g
白ワイン
小4
海塩(フランス産ゲラン)
1ml
紫蘇
8枚
チェリートマト
4個

作り方

【1】

紫蘇を洗って掌でパチンとたたき、お皿にのせます。

【2】

キッチンペーパーでぶりの水分を除き、小麦粉をまぶします。

【3】

フライパンにオリーブオイルを入れて熱し、ぶりを並べます。

【4】

ぶりの片面を強火で焼き、程よい焦げ目をつけて裏返します。


【5】

弱火にしてふたをかけて4分蒸し焼きにします。

【6】

火を止めてバジルペーストを加えます。

【7】

ぶりの両面にバジルペーストをまぶして器に盛ります。

【8】

えのき茸を1cmに切り、同じフライパンで炒めます。


【9】

えのき茸がしんなりしたら、白ワインを加えてよく混ぜます。

【10】

続けて海塩を加え調味して火を止め、えのきソースに仕上げます。

【11】

ぶりにえのきソースをかけ、プチトマトを添えて供します。

★調理のコツ・ポイント★

♡しっとり仕上げるために、裏返してからふたをかけて蒸し焼きにしました。
♡カリッとした触感に仕上げたい場合は、ふたをかけずに焼いてください。
『ナチュラル薬膳生活入門編』 補気類 ぶり p.115 参照

レシピ制作者

須崎 桂子

須崎 桂子:オトナ女子の本格薬膳教室「ナチュラル薬膳生活カレッジ柏本校」(千葉県 柏市 明原)

■先生のプロフィール

薬膳講師の須崎桂子(ニックネームは「けいてぃー」)です。海外留学や世界中の美味しいモノが集まる香港で仕事を…(全て読む)


ページのトップへ戻る