おでん~おでん汁の応用~のレシピ、作り方(宮坂 みのり)

クスパ > クスパ レシピ > 鍋料理 > おでん > おでん~おでん汁の応用~

クスパ レシピ

おでん~おでん汁の応用~ 宮坂 みのり先生

印刷する

おでん汁(作り方参照)はおでんの他に炊き込みご飯、煮物、うどん等に多様に使えます。今回ご紹介するおでんのレシピは鶏肉の出汁も加えたおでんのご紹介です。お好みの具材におでん汁をひたひたにして煮込めば最高に美味しく出来ます。

<材料>  分量:2人分   調理時間:30分

おでん汁(作り方参照)
具材にひたひた
大根(適当に切っておく)
20cmくらい
鶏手羽中
適量(200g程)
練りもの(さつま揚げ等)
適量
ゆで卵
2個

作り方

【1】

おでん汁は鰹出汁500ccに対して、砂糖、塩、醤油、酒、ナンプラーをそれぞれ小さじ1で混ぜて作っておく。
「応用の効くおでん汁」
https://cookingschool.jp/recipe/53594ご参照下さい。

【2】

鶏手羽中に塩を軽く振って皮面を焼く。皮面に焼き色がついたら大根を加え、おでん汁をひたひたにして圧力鍋で8~10分加圧する。

【3】

圧力が抜けたら練り物、ゆで卵を加えて煮込む。この時、具材の量に合わせておでん汁をひたひたに加える。

【4】

*練り物の量や煮込み時間によって味が濃くなるので水を加えて調整する。


【5】

盛り付け

【6】

*数種類の調味料を予め計量しておくことで手間と時間を省き、様々な料理に応用ができるレシピを公開しています。「照り焼き液の応用」「ピクルス液の応用」「おでん汁の応用」「甘辛味噌の応用」ご参照ください

【7】

おでん汁の応用レシピ、多数掲載しています。
「タコ飯」ご参照下さい。
https://cookingschool.jp/recipe/53684

【8】

おでん汁の応用レシピ
「イカと里芋の煮込み」ご参照下さい。
https://cookingschool.jp/recipe/53666


【9】

おでん汁の応用レシピ
「豆腐と白菜のうま煮」ご参照下さい。
https://cookingschool.jp/recipe/56697

【10】

おでん汁の応用レシピ
「カニ雑炊」ご参照下さい。
https://cookingschool.jp/recipe/53804

★調理のコツ・ポイント★

このレシピは圧力鍋を使っていますが、普通の鍋でしたら時間をかけてコトコトと煮込めば良いです。骨付き鶏肉を使用すると美味しい出汁が出て、肉はほろほろ。とても美味しいです。おでん汁は作り置きして冷凍しておくと便利です。

レシピ制作者

宮坂 みのり

宮坂 みのり:グレースパン教室(東京都 板橋区 赤塚新町)

■先生のプロフィール

2013年より、自宅マンションにてパン教室・ケーキ教室を開催中。(全て読む)


ページのトップへ戻る


スタッフイチオシ『』