冬のフィナンシェとチョコレートチャンクサブレのレシピ、作り方(田辺浩子)

クスパ > クスパ レシピ > お菓子 > マドレーヌ・フィナンシェ > フィナンシェ > 冬のフィナンシェとチョコレートチャンクサブレ

クスパ レシピ

冬のフィナンシェとチョコレートチャンクサブレ 田辺浩子先生

印刷する

3

クリスマスのプレゼント用にナッツ類でおめかししたフィナンシェは豪華な仕上がり!
チョコレートチャンクサブレは型要らず、不揃いのゴツゴツした焼き上がりは素朴でカントリークッキー風で可愛いです!*只今こちらのメニューは教室で開催していません

<材料>  分量:フィナンシェ6個   調理時間:60分

~チョコレートチャンク~
24個分
薄力粉
80g
アーモンドパウダー
130g
無塩バター
80g
1.5g
粉糖
50g
卵黄
2個分
チョコレート
60g
~フィナンシェ~
6個分
薄力粉
20g
アーモンドパウダー
30g
ベーキングパウダー
小1/2
卵白
2個分
砂糖
30g
ハチミツ
15g
無塩バター
50g
ナッツ類
適量

作り方

【1】

サブレの生地をつくる。
薄力粉とアーモンドパウダーは合わせて2回ふるっておく。
卵は卵黄と卵白に分けておく。
ボウルにバターを入れ、固ければラップ越しに潰し、ハンドミキサーでクリーム状にする。

【2】

塩と粉糖を加えて混ぜる。

【3】

卵黄をを加え混ぜる。

【4】

ふるっておいた薄力粉とアーモンドパウダーを2回に分けて入れ、その都度切り混ぜる。一塊になってきたらチョコレートを加え切り混ぜる。


【5】

ラップを大きく広げ、サブレ生地を棒状に包む。
冷凍庫で20分ほど休ませる。

【6】

サブレ生地を休ませている間にフィナンシェを作る。
薄力粉とアーモンドパウダーとベーキングパウダーを合わせて3回ふるう。フィナンシェ型に薄くバターを塗っておく。

【7】

小鍋にバターを入れ中火で加熱し、焦しバターにする。粗熱を取る。
オーブンを190度に予熱開始。

【8】

ボウルに卵白を入れ、軽く混ぜて卵白のこしをきる(卵白のぶよぶよしているところを切るように混ぜる事)
砂糖、はちみつを加え混ぜる。


【9】

はちみつを計量する時はラップに包んでおき、使う時に爪楊枝で刺し絞るように入れると良いですよ!

【10】

ふるっておいた薄力粉とアーモンドパウダーとベーキングパウダーを加え混ぜ、焦しバターの上澄みを加え混ぜる。

【11】

バターを入れるときは、傾けて焦げの粒を沈殿させる。泡は入っても大丈夫だが、焦げの粒は生地に入らないように。

【12】

バターを薄く塗っておいた型にフィナンシェ生地を流し入れ、好きなナッツ類を上にのせる。予熱されたオーブンで13分焼く。
焼き上がり粗熱が取れたら型から外す。


【13】

フィナンシェを焼いてる間にサブレ生地を切り分ける。まず8等分に切り、切った1塊を更に3等分にして、24枚にする。クッキングシートを鉄板いっぱいに大きく広げる。サブレ生地の形をかるく整えながら並べる。180度で18分焼く。

★調理のコツ・ポイント★

チョコレートは板チョコなら荒く刻んでおく。チョコチップならそのままでも良い。今回はキューブチョコを荒く刻みました。
オーブンの種類や環境で焼き色は変わります。残り5分前くらいで前後を入れ替えたりして調節してみてください。

レシピ制作者

田辺浩子

田辺浩子:piroko's kitchen ~ぴろこの台所~(千葉県 船橋市 三咲)

■先生のプロフィール

千葉県船橋市生まれ。千葉県立八千代高等学校、家政科で栄養学や調理を学ぶ。 高校卒業後、飲食店勤務、20年以…(全て読む)

■ネット予約可能なレッスン

2020年 1月24日(金)   1,2月のパンレッスンは6種類!


ページのトップへ戻る


スタッフイチオシ『ヘルシーデザート特集(バター不使用編)』


クスパからのお知らせ

2020年1月7日

【お知らせ】クスパ決済スタートしました

レッスン予約時にお支払い方法【クスパ決済】(クレジットカード払い)が選べるようになりました。当日お金のやり取りが発生せずに、ネット上で決済完了できます。ユーザー自身でキャンセルができるようになりました。
※教室がクスパ決済設定されたレッスンのみ予約可能です。