ティラミス シフォンケーキのレシピ、作り方(田辺浩子)

クスパ > クスパ レシピ > お菓子 > スポンジケーキ・シフォンケーキ > シフォンケーキ > ティラミス シフォンケーキ

クスパ レシピ

ティラミス シフォンケーキ 田辺浩子先生

印刷する

2

ふわっふわのシフォン生地はほろ苦いコーヒー生地、クリームチーズホイップはマルサラ酒を入れて大人味に♡
仕上げにココアパウダーをふり、ピスタチオダイスをアクセントに!
*こちらのメニューは教室で受講出来るミルクティーシフォンの応用です

<材料>  分量:17cmシフォン型・1台   調理時間:100分

~コーヒーシフォンケーキ~
卵黄
3個分
砂糖
30g
サラダ油
30cc
インスタントコーヒー
6g
60cc
薄力粉
80g
卵白
4個分
砂糖(メレンゲ用)
40g
~クリームチーズホイップ~
クリームチーズ
100g
生クリーム
200cc
砂糖
40g
洋酒(マルサラ酒)
大1
仕上げ用、ココアパウダー
小1
仕上げ用、ピスタチオダイス
大2

作り方

【1】

水にインスタントコーヒーを入れ溶かしておく(水で解けないコーヒーなら湯で溶かし冷ましておく)
材料をすべて計量し、準備しておく。生クリームは直前まで冷蔵庫で保存する。

【2】

メレンゲをつくる。まずハンドミキサーでシャンプーの泡くらいに泡立ててから、砂糖半量をいれ高速でツノがおじぎするくらい泡立てる。
残りの砂糖を入れ、今度はツノが立つまで泡立て、しっかりしたメレンゲをつくる。

【3】

低速で1分間つやが出るまでキメを整える。

【4】

卵黄と砂糖を合わせてハンドミキサーで(メレンゲを作ったままの羽で大丈夫です)白っぽくなるまで混ぜる。


【5】

更にサラダ油を入れ、ハンドミキサーで均一になるように混ぜる。

【6】

ハンドミキサーの羽を外して手に持ち、溶かしたコーヒーを2回に分けて加えその都度よく混ぜる。

【7】

薄力粉をふるい入れ、均一になるまで混ぜる。(この時もハンドミキサーの羽を手でもち混ぜる。)
オーブンを180度に予熱開始

【8】

メレンゲを1/3量を加えゴムベラでしっかり切り混ぜる。


【9】

更にメレンゲを1/3加え、こんどはマーブル状になるまで切り混ぜる。(この時もゴムベラで)

【10】

こんどはメレンゲのボウルに生地を全部入れ、ホイッパーで切り混ぜる。(大きめのホイッパーが使いやすい)
メレンゲの混ざり残りがあるとそれが気泡になり穴があくので混ぜ残りが無いように、しかし混ぜすぎて泡を潰し過ぎないようにする。

【11】

高めの位置から勢いよく方に流し入れ、ゆすって表面を平らにする。底を叩くか、台にトントンと軽く落として空気抜きする。
予熱されたオーブンで35分焼く(残り15分前くらいに焼き具合を見る)

【12】

焼きあがりすぐに逆さまにして粗熱をとる


【13】

クリームチーズをボウルにちぎり入れ、ハンドミキサーでクリーム状になるまで混ぜる。クリーム状になってきたら砂糖を入れよく混ぜる。

【14】

冷えた生クリームを4~5回に分けて加え、その都度よく混ぜる。マルサラ酒を入れよく混ぜる。

【15】

チーズクリームをナッペする。残りのクリームを絞り袋に入れて先を切る。上に線を引くように絞っていく。
ピスタチオダイスを下に貼り付け、ココアパウダーを上にふりかける。

★調理のコツ・ポイント★

メレンゲは丁寧に泡立て、必ずキメを整えましょう。
メレンゲとシフォン生地の混ざり方で膨らみ方が決まります!ハンドミキサー、ホイッパー、ゴムベラを用途によって使い分けましょう。

レシピ制作者

田辺浩子

田辺浩子:piroko's kitchen ~ぴろこの台所~(千葉県 船橋市 三咲)

■先生のプロフィール

千葉県船橋市生まれ。千葉県立八千代高等学校、家政科で栄養学や調理を学ぶ。 高校卒業後、飲食店勤務、20年以…(全て読む)

■ネット予約可能なレッスン

2020年10月24日(土)   10,11月のパンレッスンは8種類!


ページのトップへ戻る