咳を鎮める 冬瓜とえのき茸のスープのレシピ、作り方(須崎 桂子)

クスパアワード2019とは?
1年で最も支持を集めた料理教室の先生を発表するクスパアワード。2019年も、ユーザー様からの投票数・クチコミ数・アクセス数などを総合的に審査し、満足度が高かった教室を表彰する予定です。
2019年に参加した料理教室のなかで、もっとも満足度の高い教室を「クスパアワード2019 この教室に投票する」ボタンより、ご投票をお願いいたします。
なお、投票はお1人様1教室しかできません。不正があった場合は無効票となります。
投票期間:2019年12月2日(月)~2020年1月7日(火)
×
2019年一番満足度の高い教室は?クスパアワード投票受付中!

クスパ > クスパ レシピ > その他 > マクロビ・薬膳・ローフード > 薬膳 > 咳を鎮める 冬瓜とえのき茸のスープ

クスパ レシピ

咳を鎮める 冬瓜とえのき茸のスープ 須崎 桂子先生

印刷する

1

感想から呼吸器を守る秋の季節薬膳♪
秋カゼのなおりがけに、乾燥した空気のせいで呼吸器を傷めてなかなか咳が止まらない家族のために作った薬膳スープです。肺熱を清めるために冬瓜を使い、粘膜をえのき茸のトロミでいたわる処方で症状が和らぎました♪

<材料>  分量:4人分   調理時間:40分

冬瓜
500g
えのき茸
200g
チキンスープ
250ml
450ml
日本酒
大1
自然塩
小1/2
薄口醤油
小1
茹でたいんげん豆
適宜

作り方

【1】

冬瓜の皮と種を取り除いて、3cm角に切る。えのき茸のいしづきを除いて、3cmに切る。茹でたいんげん豆を3cmに切る。

【2】

鍋に冬瓜、えのき茸、チキンスープ、水、日本酒を入れて、冬瓜が柔らかく透明になるまで中火で30分程度煮込む。

【3】

自然塩、薄口醤油で調味して、器に盛りいんげん豆をあしらう。

★調理のコツ・ポイント★

♡水分が足りないようでしたら適宜水を足してださい。
♡自然塩や薄口醤油の分量は味を見て好みに調節してください。
『ナチュラル薬膳生活入門編』清熱類 冬瓜 p.161 去湿類 えのき茸 補陰類 p.155 参照

レシピ制作者

須崎 桂子

須崎 桂子:柏発!食べる氣功薬膳から学ぶ「ナチュラル薬膳生活カレッジ」(千葉県 柏市 明原)

■先生のプロフィール

こんにちは(^^)/薬膳講師のけいてぃーさんです☆海外留学や世界中の美味しいモノが集まる香港での仕事で、舌…(全て読む)


ページのトップへ戻る



クスパからのお知らせ

2019年12月13日

【お知らせ】年末年始のお問い合わせ対応について

本年もクスパをご愛顧いただき、ありがとうございました。

誠に勝手ながら、2019年12月28日(土)~2020年1月5日(日)の間、クスパ運営事務局のサポート業務をお休みさせていただきます。
休業中のお問い合わせは、2020年1月6日(月)以降に順次対応させていただきます。

ご不便をおかけしますが、ご理解とご協力のほど、よろしくお願いいたします。