冷え症の緩和に 桜風味の甘酒茶のレシピ、作り方(須崎 桂子)

クスパ > クスパ レシピ > その他 > マクロビ・薬膳・ローフード > 薬膳 > 冷え症の緩和に 桜風味の甘酒茶

クスパ レシピ

冷え症の緩和に 桜風味の甘酒茶 須崎 桂子先生

印刷する

冷え症を改善する薬膳♪ 花冷えの日や夜桜見物のおともに嬉しい、春の季節感を楽しみつつ身体が温まる薬膳茶です。薬膳茶と命名しましたがアルコール入り酒粕仕立ての一品です。お酒が体質に合わない場合は、ノンアルコールの甘酒仕立て作ってくださいね。

<材料>  分量:1人分   調理時間:10分

酒粕
50g
150ml
蜂蜜
小1
桜花漬け(塩抜き済)
1個

作り方

【1】

鍋に酒粕と水を入れてに火かけ、木べらで混ぜながら煮溶かす。

【2】

火を止めて蜂蜜を加えて混ぜ、カップに注ぎ桜花をあしらい供する。

★調理のコツ・ポイント★

♡アルコールが体質に合わない場合は、酒かすのかわりに「アルコールを含まない」甘酒に変えるとよいでしょう。
甘酒には甘味があるので、好みで蜂蜜の量は減らすか使わなくても結構です。
『ナチュラル薬膳生活入門編』 補気類 甘酒 p.116 参照

レシピ制作者

須崎 桂子

須崎 桂子:オトナ女子の本格薬膳教室「ナチュラル薬膳生活カレッジ柏本校」(千葉県 柏市 明原)

■先生のプロフィール

薬膳講師の須崎桂子(ニックネームは「けいてぃー」)です。海外留学や世界中の美味しいモノが集まる香港で仕事を…(全て読む)


ページのトップへ戻る


スタッフイチオシ『』