アンチエイジングに 栗としめじのビーフステーキのレシピ、作り方(須崎 桂子)

クスパ > クスパ レシピ > お肉のおかず > 牛肉 > ステーキ > アンチエイジングに 栗としめじのビーフステーキ

クスパ レシピ

アンチエイジングに 栗としめじのビーフステーキ 須崎 桂子先生

印刷する

若さを保つ秋の季節薬膳♪
栗は若々しさのモトを生み出したり、オツムを健やかに保つので、アンチエイジングにお勧めの薬膳素材です。「強壮筋骨」の働きを持つ牛肉と一緒に頂けば、元気になる薬膳としてカラダとオツムのパワーアップに役立ちます。

<材料>  分量:4人分   調理時間:15分

牛肉の赤身ステーキ用
200g
荒びき黒こしょう
小1/2
岩塩
小1/2
オリーブオイル
大1
輪切りした大蒜
1片
赤ワイン
50ml
ほぐしたしめじ
200g
茹でたむき栗
8個
赤ワイン
大1

作り方

【1】

牛肉を常温に戻し筋切りをして、包丁の背で叩いて下ごしらえしておく。こしょうと塩を両面にまぶす。

【2】

フライパンにオリーブオイルを敷き、大蒜を加熱してカリッとしたら取り出す。

【3】

フライパンに牛肉を入れ、両面を強火でさっと焼いて取り出す。

【4】

肉汁の入ったフライパンにしめじ、栗、赤ワイン50mlを入れて、照りが出るまで弱火で炒める。


【5】

フライパンに牛肉を戻し、再び強火でさっと焼く。

【6】

弱火にして赤ワイン大匙1を加えて全体に絡める。

【7】

めいめいの皿に牛肉をのせて、栗としめじと、鍋に残った赤ワインソースをかけ、取り分けておいた大蒜をあしらう。

★調理のコツ・ポイント★

♡牛肉は焼き過ぎると固くなるので、短時間の加熱で仕上げましょう。
『ナチュラル薬膳生活入門編』補血類 しめじ p.123 参照

レシピ制作者

須崎 桂子

須崎 桂子:オトナ女子の本格薬膳教室「ナチュラル薬膳生活カレッジ柏本校」(千葉県 柏市 明原)

■先生のプロフィール

薬膳講師の須崎桂子(ニックネームは「けいてぃー」)です。海外留学や世界中の美味しいモノが集まる香港で仕事を…(全て読む)


ページのトップへ戻る