こく旨てり旨!ねぎ間丼のレシピ、作り方(秋山 直美)

クスパアワード2019とは?
1年で最も支持を集めた料理教室の先生を発表するクスパアワード。2019年も、ユーザー様からの投票数・クチコミ数・アクセス数などを総合的に審査し、満足度が高かった教室を表彰する予定です。
2019年に参加した料理教室のなかで、もっとも満足度の高い教室を「クスパアワード2019 この教室に投票する」ボタンより、ご投票をお願いいたします。
なお、投票はお1人様1教室しかできません。不正があった場合は無効票となります。
投票期間:2019年12月2日(月)~2020年1月7日(火)
×
2019年一番満足度の高い教室は?クスパアワード投票受付中!

クスパ > クスパ レシピ > ご飯もの > > その他 > こく旨てり旨!ねぎ間丼

クスパ レシピ

こく旨てり旨!ねぎ間丼 秋山 直美先生

印刷する

みんな大好き!甘辛の照焼き味。下仁田ネギとプリっぷりの焼き鳥との相性は、ばっちり。おつまみでも美味しいですが、残ったら翌日丼ものリメイクでも美味しく頂けます!

<材料>  分量:2人分   調理時間:15分(炊飯時間を除く)

鶏もも肉
1枚
片栗粉
大さじ2
小さじ1
醤油
小さじ1
ねぎ(あれば下仁田ネギ)
1本
醤油
大さじ2
はちみつ
大さじ2
大さじ1
ゴマ
適量
一味
お好みで

作り方

【1】

ネギの白い部分5㎝と緑色の部分を細切りし水にさらし、残りの部分を1.5㎝幅に切る。

【2】

フライパンで1.5㎝幅に切ったネギをこんがり焼き目がつくまで焼いて一旦取り出す。

【3】

更に鶏もも肉を食べやすい大きさに切って酒と醤油と和え、フライパンでこんがり焼く。

【4】

醤油、はちみつ、酒を加えて照りが出るまで煮詰め、2を戻し入れタレと絡める。


【5】

ご飯を盛ったどんぶりに4を乗せ、白髪ネギをトッピング。お好みで、ゴマ・一味をかけて完成。

★調理のコツ・ポイント★

鶏肉に下味・片栗粉を付けて予め焼くことによって後から合わせるタレとの絡みもアップ。
蜂蜜を使う事でお肉も柔らかくなり、照り感もでて食欲増進!
1本のネギを具材とトッピングに使って、無駄なく有効活用。

レシピ制作者

秋山 直美

秋山 直美:23番地COOK(東京都 練馬区富士見台)

■先生のプロフィール

福島県出身 「可愛い」をテーマにした料理教室「23番地COOK」主宰 一般社団法人 FOOD ART JA…(全て読む)


ページのトップへ戻る