山芋と明太子の簡単グラタンのレシピ、作り方(佐藤有紀子)

クスパアワード2019とは?
1年で最も支持を集めた料理教室の先生を発表するクスパアワード。2019年も、ユーザー様からの投票数・クチコミ数・アクセス数などを総合的に審査し、満足度が高かった教室を表彰する予定です。
2019年に参加した料理教室のなかで、もっとも満足度の高い教室を「クスパアワード2019 この教室に投票する」ボタンより、ご投票をお願いいたします。
なお、投票はお1人様1教室しかできません。不正があった場合は無効票となります。
投票期間:2019年12月2日(月)~2020年1月7日(火)
×
2019年一番満足度の高い教室は?クスパアワード投票受付中!

クスパ > クスパ レシピ > パスタ・グラタン > グラタン > その他 > 山芋と明太子の簡単グラタン

クスパ レシピ

山芋と明太子の簡単グラタン 佐藤有紀子先生

印刷する

9

お鍋を使わず、ボールで混ぜ合わせるだけ。ソースは山芋のねばねばを利用します。具には生のまま長芋を輪切りにして入れて、とろとろとさくさくの食感が楽しめます。

<材料>  分量:ココット3個分   調理時間:10分

長芋
250g(1/3本)
しめじ
1/3パック
明太子
小2個
生クリーム
100cc
胡椒
少々
チーズ
適量

作り方

【1】

明太子は切り目を入れ、中身をしごきだし、長芋は皮をむく

【2】

ボールに明太子と分量の長芋の1/3をすりおろし、生クリーム、胡椒を入れ、よく混ぜ合わせておく(ソースの完成)

【3】

残りの長いもを7mmくらいの輪切りにして、ココットにしめじと一緒にならべる(しめじは生でよい)

【4】

③の上に②のソースをかけて、チーズを散し、チーズがトロけて焼き色が付くまで焼く。(オーブン180℃10分 トースター10分)


★調理のコツ・ポイント★

長芋は色が変わらないように、皮をむいたらすぐに調理にとりかかりましょう。しめじ以外にエリンギ、マッシュルームなどを入れて、ボリュームを出してもよいです。明太子なので、ベーコンやハムよりもきのこ類があいます。先にフライパンで炒めておいた魚介類を入れると、リッチになります。

レシピ制作者

佐藤有紀子

佐藤有紀子:プライベートレッスンの天然酵母ぱん教室 うさぎぱん(大阪府 河内長野市 錦町31)

■先生のプロフィール

2005年より自宅でパン教室を開催。管理栄養士として病院で栄養指導の仕事もしている。美味しいもの探して食べ…(全て読む)


ページのトップへ戻る