かりかりキャラメルがけのくるみのレシピ、作り方(斉藤かすみ)

クスパ > クスパ レシピ > お菓子 > その他 > その他 > かりかりキャラメルがけのくるみ

クスパ レシピ

かりかりキャラメルがけのくるみ 斉藤かすみ先生

印刷する

11

そのまま食べても、デザートのパーツとして使っても美味しいナッツのキャラメルがけです。
多めに作って缶などに入れて保存すればしばらく楽しめます。

<材料>  分量:30個位   調理時間:15分+15分

くるみ(半割り)
30個位
グラニュー糖
80g
生クリーム(45%位のもの)
30cc
バター(無塩)
10g
市販のアイスクリーム(好みのフレーバー)
適宜

作り方

【1】

くるみは天板に広げて、あらかじめ150〜160℃に余熱を入れておいたオーブンで15分ほどローストをして冷ましておく。
※くるみのほか、ヘーゼルナッツ、アーモンドでも美味しく作ることができる。

【2】

この間に小鍋にグラニュー糖全部が湿るくらいの量の水とグラニュー糖を入れ火にかける。中火の弱くらいの火加減で砂糖を溶かし、その後火を弱めて砂糖がカラメル色になるまで加熱をする。

【3】

②がカラメル色になったら火からおろし、生クリームを加える。手早く混ぜ更にバターを加えて溶かす。

【4】

③に直ぐに①のくるみを加えてヘラで混ぜ、キャラメルをくるみに絡める。
これをオーブン用のペーパーやシリコンマットに移し、キャラメルが固まらないうちにフォークなどで一つづつバラバラに離す。冷えたら湿らないように缶などの容器に入れて保存する。


【5】

グラスに好みのフレーバーのアイスクリーム(バニラやコーヒー味、ラムレーズンなど)と④のくるみのキャラメルがけをそのまま、または砕いて合わせ供する。

★調理のコツ・ポイント★

カラメルを作るとき、砂糖のシロップは混ぜると結晶することがあるので鍋を傾けるようにシロップを動かし溶かして、加熱を続ける。

レシピ制作者

斉藤かすみ

斉藤かすみ:サロンピルゥファス(東京都 新宿区 神楽坂)

■先生のプロフィール

1987年より料理教室を主宰毎年数回の渡仏で現地のレストランの厨房にて研修、料理コンサルタントとしてプロ向…(全て読む)

■ネット予約可能なレッスン

2022年 1月19日(水)   初春の素材、真鯛で軽やかなメインとバレンタインに間に合うチョコレートの焼き菓子を


ページのトップへ戻る



クスパからのお知らせ

2022年1月17日

いつもクスパをご利用いただきありがとうございます。

本日10:30からサーバー障害が発生していおり
アクセスしずらい状態が発生しています
ご迷惑をお掛けし、大変申し訳ございません。

復旧され次第、ご案内させて頂きます。

2021年12月29日

いつもクスパをご利用いただきありがとうございます。
システム連携の障害で、facebookログインに関して現在行えない状況です。
ご迷惑をお掛けし、大変申し訳ございません。

現在復旧作業中の為、完了次第改めて連絡しますのでご了承下さい。
お手数をお掛けしますが、復旧までは通常のログイン方法でログインお願いします。