パリパリ鶏のネギ塩だれのレシピ、作り方(佐藤 絵里子)

クスパアワード2018とは?
1年で最も支持を集めた料理教室の先生を発表するクスパアワード。2018年も、ユーザー様からの投票数・クチコミ数・アクセス数などを総合的に審査し、満足度が高かった教室を表彰する予定です。
2018年に参加した料理教室のなかで、もっとも満足度の高い教室を「クスパアワード2018 この教室に投票する」ボタンより、ご投票をお願いいたします。
なお、投票はお1人様1教室しかできません。不正があった場合は無効票となります。
投票期間:2018年12月7日(金)~2019年1月7日(月)
×
2018年一番満足度の高い教室は?クスパアワード投票受付中!

クスパ > クスパ レシピ > お肉のおかず > 鶏肉 > 鶏もも肉 > パリパリ鶏のネギ塩だれ

クスパ レシピ

パリパリ鶏のネギ塩だれ 佐藤 絵里子先生

印刷する

2

パリッと焼き上げた鶏にネギ塩たれをかけて。ビールにもご飯にも合う人気のおかず。お弁当にも。

<材料>  分量:2人分   調理時間:15分

鶏もも
1枚
塩コショウ
適量
にんにくすりおろし
小さじ1
片栗粉
適量
A 白ネギみじん切り
2/3本(50g)
A 黒こしょう
少々
A 塩
小さじ1/4
A 醤油
小さじ1
A レモン汁
大さじ1/2~1
A ごま油
大さじ2
ごま油
適量

作り方

【1】

ボウルにAを混ぜる。10分ほど置いてなじませる。(ネギの辛みやにおいが気になる人は電子レンジ600wで40秒かける)

【2】

鶏肉は厚い部分を開き、塩こしょう、にんにくすりおろしを手でもみ込む。焼く直前に片栗粉をまぶす。

【3】

フライパンに油を入れて熱し、鶏肉の皮側を下にして入れる。アルミ箔をかぶせ、鍋などの重しをして焼く。(余分な脂が抜け、皮がパリッとする)

【4】

肉の側面の下半分ほどまで色が変わり、皮がこんがりとしたら裏返し火を通す。(裏は重しは不要)


【5】

鶏を切って器に盛り付け、ネギ塩たれをかける。

★調理のコツ・ポイント★

* もやしをゆでて、だし醤油をからませたものやサニーレタスを添える。
* ネギ塩たれは、砂肝や牛タンのソテー、アボカド、豆腐、ピータンにも合います。

レシピ制作者

佐藤 絵里子

佐藤 絵里子:お料理&お菓子の教室 12カ月(兵庫県 西宮市 南郷町)

■先生のプロフィール

関西学院大学史学科卒業後、辻学園調理・製菓専門学校に入学し調理師免許を取得。ツアーコンダクターとして、世界…(全て読む)


ページのトップへ戻る