チキンソテー クレソニエールのレシピ、作り方(森 由美子)

クスパアワード2019とは?
1年で最も支持を集めた料理教室の先生を発表するクスパアワード。2019年も、ユーザー様からの投票数・クチコミ数・アクセス数などを総合的に審査し、満足度が高かった教室を表彰する予定です。
2019年に参加した料理教室のなかで、もっとも満足度の高い教室を「クスパアワード2019 この教室に投票する」ボタンより、ご投票をお願いいたします。
なお、投票はお1人様1教室しかできません。不正があった場合は無効票となります。
投票期間:2019年12月2日(月)~2020年1月7日(火)
×
2019年一番満足度の高い教室は?クスパアワード投票受付中!

クスパ > クスパ レシピ > お肉のおかず > 鶏肉 > 鶏もも肉 > チキンソテー クレソニエール

クスパ レシピ

チキンソテー クレソニエール 森 由美子先生

印刷する

1

お肉を焼く油は加熱しても酸化しにくい米油を使用。さらにお肉の毒消し役のクレソンを添えたり、ヘルシーさに気を配ったかんたんに作れるフレンチです。
梅の風味を加え爽やかに仕上げています。

<材料>  分量:4人分   調理時間:15分

鶏もも肉
200g
クレソン(茎)
8枝
A) 練り梅
8g
A) フレンチマスタード
10g
A) 白ワイン
大さじ4
米油
おおさじ1
バター
7g
絹さや
8〜12枚
B) バター
5g
B) クレソン(葉)
8枝分

作り方

【1】

<<下準備1>>
鶏肉は3〜4㎝位、クレソン(茎)はマセドワーヌに切る。

【2】

<<下準備2>>
ボールにA) を入れて混ぜ、(1)を加えマリネする。

【3】

フライパンに米油を注ぎ、火にかけ、バターも入れる。

【4】

続いて、絹さやと(2)を加え、しばしソテーする。


【5】

次にB) を入れ、ふたをし、火を止め、余熱で肉の芯まで火を通す。

【6】

皿に肉を盛り、クレソンを飾って仕上げる。

★調理のコツ・ポイント★

鶏肉は火を入れすぎす、やや早めに調理を終え火を止め、余熱で芯まで火を通す感覚でいたほうが食感のよい仕上がりになります。お肉を焼く油は、加熱しても酸化が進みにくい米油を使いましょう。太白ごま油や菜種油でもOK.低温圧搾法のものが理想です。

レシピ制作者

森 由美子

森 由美子:パリ15区簡単ヘルシーフレンチ家庭料理教室 表参道・青山校(東京都 港区南青山)

■先生のプロフィール

立教大学卒業後、 コルドンブルーパリ本校・ロンドン校へ。 料理・菓子ディプロム取得。 仏・伊・スイスのレス…(全て読む)

■インターネット予約可能なレッスン

2019年12月14日(土)   ヘルシークリスマス・パーティー編🎄


ページのトップへ戻る