梅大根のピラフ 発酵バター風味のレシピ、作り方(森 由美子)

クスパ > クスパ レシピ > ご飯もの > 炊き込み・まぜご飯 > ピラフ > 梅大根のピラフ 発酵バター風味

クスパ レシピ

梅大根のピラフ 発酵バター風味 森 由美子先生

印刷する

1

カラダをあたため、ごはんの消化も助ける大根を使ったピラフです。
炊飯器を使い、どなたでも失敗なく簡単においしく作れます。
梅を加えよりヘルシー度をUPしました。

<材料>  分量:4人分   調理時間:20分

A)米
1合半
A)大麦
半合
A)切干大根(乾物)
5g
A)塩、ガーリック粉
各小さじ1/5
A)ほたて貝
2粒
BIO発酵バター(梅ハーブ発酵バター用)
60g
梅干し(梅ハーブ発酵バター用)
2粒
バジルまたはシソ(梅ハーブ発酵バター用)
数枚
大根(ピンク大根用)
300g
酢(ピンク大根用)
大さじ3
塩(ピンク大根用)
小さじ1
ビーツ(ピンク大根用)
少々
ハーブ
お好み量

作り方

【1】

【梅ハーブ発酵バター】をつくる
1) 室温に戻したBIO発酵バターをボウルに入れる。
2) 梅干しの果肉とハーブをみじんにし、1)に加え混ぜる。
3) 必要に応じ、塩(分量外)を加える。

【2】

【ピンク大根】をつくる
1) 大根をバトネ(拍子)切りしボウルに入れし、塩でもむ。
2) 大根がしんなりしてきたら、酢・ビーツ(果肉)を加える。
3) 時折スプーンで混ぜ、大根にビーツの色を移し染めていく。

【3】

炊飯器に{A}を入れて炊く。

【4】

炊けたら梅ハーブ発酵バターを加え、ほたて貝をほぐしながら和える。


【5】

皿にセルクルを置き梅ピラフを詰め、お好みにより【ピンク大根】とハーブを添え仕上げる。

★調理のコツ・ポイント★

・切干大根は天日干しを選びましょう。美味しさはもちろん、太陽エネルギーまで取り込めます。
・バターは、発酵タイプがとても風味も香りもよく理想ですが、なければ普通のバターでもOKです。

レシピ制作者

森 由美子

森 由美子:パリ15区ヘルシーフレンチ教室(東京都 港区南青山)

■先生のプロフィール

表参道・骨董通り近くで「パリ15区」主宰。小田原市江の浦に、相模湾を見渡せる小さな自然農畑を、パリ郊外にア…(全て読む)

■ネット予約可能なレッスン

2020年10月24日(土)   秋の味覚ヘルシーフレンチ(添加物の話その2)【zoom】


ページのトップへ戻る