広島菜漬けと甘酒の塩だれポーク~広島レモン添えのレシピ、作り方(Atsumi)

クスパ > クスパ レシピ > お肉のおかず > 豚肉 > その他 > 広島菜漬けと甘酒の塩だれポーク~広島レモン添え

クスパ レシピ

広島菜漬けと甘酒の塩だれポーク~広島レモン添え Atsumi先生

印刷する

3

HyLife Porkのバラ肉を使用したメニューです。広島食材の「広島菜漬け」と「広島レモン」を組み合わせました。また、最近注目されている「糀甘酒」を隠し味に使用しています。ご飯に乗せて食べても美味しいので、お弁当にもお勧めです。

<材料>  分量:1人分   調理時間:30分

HyLife Pork バラ
120g
小さじ1/8
料理酒
大さじ1
A)広島菜漬け
30g
A)糀甘酒
20g
A)塩
小さじ1/8
A)あらびき黒こしょう
小さじ1/10
広島レモン
1/4個
ミニトマト
適宜

作り方

【1】

HyLife Pork バラを5~6mm厚さに切り、両面に塩をまぶして10分程度おく。

【2】

A)の材料で塩だれを作る。広島菜漬け(茎の部分がお勧め)を細かく刻み、水分を軽く搾り、糀甘酒、塩、あらびき黒こしょうとあわせる。(塩は広島菜漬けの塩分によって加減したほうが良いので、最初から全量加えず味をみて調える。)

【3】

広島レモンをスライスする。

【4】

フライパンを熱し、HyLife Pork バラをのせ、蓋をして中火で焼く。1分程度焼いて肉の油が出てき始めたら裏返し、同様に1分程度焼いた後、料理酒をふりかけて1分程度焼き、更に裏返し1分程度焼く。


【5】

皿に肉を盛り付け、塩ダレをのせ、広島レモンを添える。彩でミニトマトを添えても良い。

★調理のコツ・ポイント★

油は豚の脂肪分のみで焼くことで、あっさり食べることができます。塩ダレに糀甘酒を加えることでやさしい甘味が良いアクセントになります。広島レモンは皮も安心なので、汁を搾ってかけるよりもスライスして添え、途中で一緒に食べると味の変化も楽しめます。

レシピ制作者

Atsumi:food arranging room Sheila(広島県 広島市中区 十日市町二丁目)

■先生のプロフィール

子供の頃からお菓子作りに興味があり、クリスマスプレゼントにオーブンをねだったくらいです。食に関することと同…(全て読む)

■インターネット予約可能なレッスン

2019年12月 1日(日)   みかんについての勉強会とみかんの皮を使ったお菓子の紹介


ページのトップへ戻る