希少糖を使った広島レモンのバターケーキのレシピ、作り方(Atsumi)

クスパ > クスパ レシピ > お菓子 > パウンドケーキ・ケークサレ > その他 > 希少糖を使った広島レモンのバターケーキ

クスパ レシピ

希少糖を使った広島レモンのバターケーキ Atsumi先生

印刷する

9

【レアシュガースウィート使用】
広島レモンを生地の中にも、トッピングにも使用したバターケーキです。レアシュガースウィート使用で、バターの香りが引き立ち、レモンの風味も際立ち、まさに『うまさ倍増』です。
レアシュガースウィートを使ったアイディアレシピです。

<材料>  分量:直径15cmデコ型   調理時間:1時間(焼き時間含む)

レモン(広島レモン)
1個
無塩バター
90g
薄力粉
100g
ベーキングパウダー
小さじ1
レアシュガースウィート
90g
卵(M玉)
1個
牛乳
大さじ1
(仕上げ用)
.
レアシュガースウィート
小さじ1
ピスタチオ
適量

作り方

【1】

デコ型に紙を敷く。
レモンは2~3mm厚さに6枚スライスし、残りは汁を搾り、皮の黄色い部分のみをすりおろす。
無塩バターを室温で軟らかくしておく。
卵を溶きほぐしておく。
材料を合わせ始める際にオーブンの予熱を開始。

【2】

ボールにバターを入れ、ハンドミキサーでクリーム状にする。

【3】

薄力粉とベーキングパウダーを合わせ、約1/4量をふるいながらバターの中へ加え、粉気がなくなるまでハンドミキサーで混ぜる。

【4】

レアシュガースウィートを加え、引き続きハンドミキサーで混ぜ、きれいに混ざったら、卵を4~5回に分けて加え、都度混ぜる。


【5】

すりおろしたレモンの皮と残りの粉(薄力粉とベーキングパウダーをあわせたもの)をふるいながら加え、ゴムベラで混ぜる。
粉気が5割程度混ざったところで、牛乳を加え、生地に艶が出るまで混ぜる。

【6】

型に生地を入れ、スライスしたレモンを乗せる。

【7】

170℃のオーブンで35分焼く。

【8】

焼きあがってすぐに、搾っておいたレモン汁をケーキにかけ、仕上げ用のレアシュガースウィートをレモンの表面に塗り、冷ます。
(焼きたてのケーキは若干軟らかいので、型から取り出すのは、粗熱が取れてからの方が良い)


【9】

仕上げ用のピスタチオは皮を剥いて、細かく刻み、型から出したケーキにトッピングする。(彩りの為なので、量はお好みで)

★調理のコツ・ポイント★

レアシュガースウィート以外の甘味料は不使用のケーキです。
広島レモンが手に入らない場合は、別のレモンでも作ることはできますが、皮ごと使用するため、防カビ剤不使用のものをお勧めします。

レシピ制作者

Atsumi:food arranging room Sheila(広島県 広島市中区 十日市町二丁目)

■先生のプロフィール

子供の頃からお菓子作りに興味があり、クリスマスプレゼントにオーブンをねだったくらいです。食に関することと同…(全て読む)

■インターネット予約可能なレッスン

2019年 8月16日(金)   生姜についての勉強会&ジンジャーシロップと生姜の佃煮の紹介


ページのトップへ戻る