HyLifeporkを使用したお弁当にピッタリおかずレシピコンテスト

HyLifePorkとは?

「ふつうの日を、ステキな日に。」
HyLife(ハイライフ)は、自然豊かなカナダのマニトバにある養豚企業です。

私たちはカナダの企業ですが、実はその大半を日本向けに輸出しています。
日本の皆さんが好む味を研究し、品種の開発と選別からエサとなる飼料配合、養豚、加工、さらには流通までを自社で一括管理。
おいしさはもちろん、安心・安全をお約束しています。

ショップ紹介

HyLifepork Table

カナダ育ちの三元豚「HyLife Pork」のプレミアムポーク"ハーブ三元豚"を体験できるレストラン&テラス 代官山「Hylifepork TABLE」も運営しております。

http://hylifepork.com/table/

商品特徴

HyLife Porkハーブ三元豚

カナダ育ちの三元豚「HyLife Pork」が提供するプレミアムポーク”ハーブ三元豚”
広大な大地で育まれた麦と、ミネラルたっぷりの水、そして3種のハーブなどを配合した特別プログラムの飼料で育てられたこだわりのポーク。ジューシーなのに後味がさっぱりとしており、冷めてもおいしいのが特長です。

おいしさへのこだわり

当社主要部位の生産量の約8割以上を日本へお届けしています。日本人好みのおいしいポークを作るため、品種から飼料、そして育て方まで徹底的に「日本向け」にこだわっています。

HyLifeの三元豚は、日本で人気の高い「LWD」と呼ばれる三元豚。
これはランドレース種(L)と大ヨークシャー種(W)との交配で生まれた雌豚に、デュロック種(D)の雄豚を掛け合わせた三元交配の豚ということ。
これにより、3品種の優れた点を受け継いだ豚が生まれます。

品種とともに、豚肉のおいしさに大きな影響を与えるのが「えさ」。HyLifeは日本向けに独自の飼料プログラムを開発して豚に与えています。

自然豊かな大地と水で育てられた大麦・小麦を中心に、コーンや大豆をバランス良く配合することで、柔らかく、あっさりとした口当たりのよい肉質の豚肉になるのです。

さらに特別プログラムとして、品質を高めるために取り入れたのが「ハーブ」。60日間ハーブ(オレガノ、タイム、シナモンの樹皮からの抽出物)を配合した飼料を与えることで、豚肉独特の臭みを抑え、香りが良くうまみ・コクが増した豚肉ができ上がりました。

安全・安心へのこだわり

食品にとって大切なのは「おいしさ」と「安心・安全」です。私たちは、病原菌の排除、工程管理、品質管理などを徹底し、安全な豚肉をお届けしています。

HyLifeがあるカナダ・マニトバ州は年間の平均気温は3.0度という土地です。 環境としても病原菌の発生や感染を抑えることができますが、当社はさらに徹底して病原菌を運ぶ可能性のある人と豚との接触を少なくして感染のリスクを低くしています。

また、HyLifeは品種開発から飼料、養豚、食肉加工、輸送まで一貫生産しています。
豚がどのような飼料をどのくらい食べたか、どこで育てられたかといった内容がすべて把握できるようプログラムを組んでいます。

また、日本人好みの豚肉を育てるために、日本人も駐在して皆様に美味しいプレミアムポークを送り出す努力をしています。

ノミネートレシピ

レシピを応援しよう!

投票期間: 2018年5月14日(月)~5月27日(日)

レシピ詳細ページのお気に入りボタン・美味しそうボタンを押して、お気に入りのレシピを登録しよう!