鶏もも肉のメープル味噌マスタードソース のレシピ、作り方(久保 崇裕)

クスパ > クスパ レシピ > お肉のおかず > 鶏肉 > 鶏もも肉 > 鶏もも肉のメープル味噌マスタードソース

クスパ レシピ

鶏もも肉のメープル味噌マスタードソース 久保 崇裕先生

印刷する

1

【カナダ産「メープルシロップ」を使用】
メープルシロップの深いコクのある甘みが、味噌と粒マスタードとレモン汁と混ざり合えば鶏もも肉のソテーにぴったり合うソースが出来上がります。他の肉などにも合いそうです。

【ケベック・メープル製品生産者協会×クスパ】コラボ企画で制作されたレシピです。

<材料>  分量:2名分   調理時間:20分から25分

鶏もも肉
300g
◆下ごしらえ用
 
小さじ1/2(2.5g)
コショウ
適量
ローズマリー
適量
◆ソース用調味料
 
お味噌
小さじ1.5
粒マスタード
小さじ1
レモン汁
小さじ2
メープルシロップ(ミディアム)
大さじ1
つけあわせの野菜(お好みで)
適量

作り方

【1】

鶏もも肉は冷蔵庫から出して、1〜2時間は置いて室温に戻しておく。※冷たいままだと、半生になったり、火にかける時間が長くなるために肉がかたくなってしまいます。

【2】

鶏もも肉の筋の部分を切り、厚みのある部分を包丁を使って、均等の厚みにしておく。鶏もも肉の切身は1枚を半分に切れば1人前になります。※肉の厚みにムラがあると、厚くなっている部分は半生になって均等に焼くことができません。

【3】

下ごしらえ用の塩、コショウ、ローズマリーを鶏もも肉に両面、揉み込んでおく。

【4】

テフロンのフライパンに鶏もも肉の皮を下面にして置いてから、弱火で焼いていきます。出て来た肉汁はキッチンペーパーなどでふき取ってください。※最初に出て来た肉汁は臭みが多く含まれています。弱火でじっくりと焼いていくと、柔らかく仕上がります。


【5】

肉の側面の赤身の部分が半分くらい白くなってきたら、裏返して出て来た肉汁はキッチンペーパーでふき取ってください。※肉汁が多いと、焼くのではなく煮ることになって、焼き目がつきません。

【6】

大体10〜12分くらい焼いて、火を消してアルミホイルをかけて2分ほど置いておきます。※中の肉汁が落ち着き、ジューシーに仕上がります。

【7】

ソース用の調味料をすべて合わせて、焼けた鶏もも肉を食べやすい大きさに切り、付け合わせの野菜と一緒に盛りつけて、ソースをかけたら完成。

★調理のコツ・ポイント★

肉料理のソースには甘味料(砂糖やフルーツなど)が含まれていることが多く、メープルシロップは独特のコクがあり、肉料理のソースにもマッチングしており、和風のソースを作るには相性が良いです。

レシピ制作者

久保 崇裕

久保 崇裕:shoku;taku(大阪市北区中崎西3−2−17 朝日プラザ梅田東パート2)

■先生のプロフィール

徳島生まれ。 料理が好きで、調理師免許を取得。 卒業後、グラフィックデザインの仕事、 いろいろなお店で料理…(全て読む)


ページのトップへ戻る