ライ麦とオート麦のざくざくクッキーのレシピ、作り方(小松 あきこ)

クスパアワード2020とは?
1年で最も支持を集めた料理教室の先生を発表するクスパアワード。2020年も、ユーザー様からの投票数・クチコミ数・アクセス数などを総合的に審査し、満足度が高かった教室を表彰する予定です。
2020年に参加した料理教室のなかで、もっとも満足度の高い教室を「クスパアワード2020 この教室に投票する」ボタンより、ご投票をお願いいたします。
なお、投票はお1人様1教室しかできません。不正があった場合は無効票となります。
投票期間:2020年12月1日(火)~2021年1月5日(火)
×
2020年一番満足度の高い教室は?クスパアワード投票受付中!

クスパ > クスパ レシピ > お菓子 > クッキー・スコーン > クッキー > ライ麦とオート麦のざくざくクッキー

クスパ レシピ

ライ麦とオート麦のざくざくクッキー 小松 あきこ先生

印刷する

7

甘いものが食べたい、でも健康にも気を使いたい。そんな方には雑穀の入ったクッキーをおすすめします。ライ麦とオート麦を使っていますので、食物繊維がたっぷり、ざくざくという食感が楽しいクッキーです。

<材料>  分量:直径5~6cm5枚分   調理時間:作業15分、焼成26~28分

無塩バター
20g
てんさい糖
25g
全卵
9g
薄力粉
17g
小麦ふすま
2g
ベーキングパウダー
1g
0.5g
キャトルエピス
1g
ライフレーク
10g
オートミール
20g
レーズン
15g

作り方

【1】

ボールに室温に戻したバター、てんさい糖を入れてゴムベラでこすりつける用に混ぜ合わせます。

【2】

室温に戻した卵を半量を加え、完全に混ざったら残りを入れてゴムベラでパタパタと音を立てる用に混ぜ合わせます。

【3】

小麦粉、小麦ふすま、ペーキングパウダー、塩、キャトルエピスを一緒にふるっておいたものを一度に加え切り混ぜをします。(キャトルエピス:シナモン・ジンジャー・クローブ・ナツメグの各パウダーを同量混ぜたもの。なければシナモンだけでもOK)

【4】

少しダマができてきたらオートミール、ライフレーク、レーズンを加えて混ぜ合わせます。


【5】

5等分にして手に軽く粉をつけて丸めたら、オーブンシートをひいた天板に等間隔に並べて上から指先で押して7mm位の厚さの丸にします。

【6】

180℃に温めたオーブンで26~28分、途中前後を返して焼きます。オーブンによっては時間が変動します。

★調理のコツ・ポイント★

●粉類を混ぜるときは練らないで、切り混ぜを続けるとダマになって固まりができてきます。
●バター、全卵は室温に戻しておくこと。
●0.5gを計量する場合、1gを計ってそれを半分にして使用しください。

レシピ制作者

小松 あきこ

小松 あきこ:la petite cuillère(東京都 世田谷区 上祖師谷)

■先生のプロフィール

フランス好き、フランス菓子好きが高じて、単身フランスにプティお菓子お料理留学、帰国後製菓学校にて製菓・理論…(全て読む)


ページのトップへ戻る



クスパからのお知らせ

2020年12月1日

毎年恒例のクスパアワードの投票がスタートしました!!
毎年ユーザー様から投票数・アクセス数・クチコミ数・アクセス数等から総合的に審査し、満足度が高かった教室を表彰します!

【投票受付期間】
2020年12月1日(火)~2021年1月5日(火)23:59