ツナとじゃが芋の落とし焼きのレシピ、作り方(高橋真理)

クスパ > クスパ レシピ > 野菜・きのこ・豆のおかず > いも、山いも > じゃがいも > ツナとじゃが芋の落とし焼き

クスパ レシピ

ツナとじゃが芋の落とし焼き 高橋真理先生

印刷する

【ビクトリノックス SC ペティーナイフ】
マシュポテトにシーチキンと野菜などを混ぜ、卵でまとめてスプーンで整形して、フライパンで焼きます。袋で材料を合わせるので、洗い物も少なく、手早くできます。ワインにとても合います。

【ビクトリノックス×クスパ】コラボ企画vol.4 で制作されたレシピです。

<材料>  分量:4人分   調理時間:20分

シーチキン(ライトツナ)
75g×2缶
じゃが芋
300g
玉葱
80g
パセリ
1枝
枝豆(冷凍)
20粒
レモン汁
小さじ2杯
2個
小さじ1/2杯
コショウ,チリパウダー,ナツメッグ
各少々
サラダ油
大さじ2杯

作り方

【1】

じゃが芋はラップに包んで、電子レンジに6分入れて、柔らかくし、熱いうちに、ペティーナイフで皮をむき、つぶしやすいようにペティーナイフで細かく切り、袋に入れてつぶします。

【2】

シーチキンはザルにかえして水気をきります。
玉葱とパセリはペティーナイフでみじん切りにします。
枝豆は解凍して、薄皮まで剥いておきます。

【3】

溶き卵に2とレモン汁、塩、コショウ、チリパウダー、ナツメッグを合わせて、1のじゃが芋に加えてよく混ぜます。

【4】

フライパンにサラダ油を入れて、3の袋の端を三角にキッチンバサミで2cmぐらい切り、スープスプーンに絞りだして、フライパンに落として、焼きます。両面きつね色に弱火で焼きます。


★調理のコツ・ポイント★

キッチン用のビニール袋に材料を全部入れて、よく混ぜるので、洗い物も少なくできます。卵はといてから、調味料とあわせて袋に入れると混ざりやすいです。

レシピ制作者

高橋真理

高橋真理:高橋クッキング教室(東京都 国立市 北)

■先生のプロフィール

30年以上、地元の食材を使って、経済的な家庭料理の教室を主宰しています。体にやさしい料理や酒の肴など「メン…(全て読む)

■ネット予約可能なレッスン

2020年 3月11日(水)   春の松花堂弁当


ページのトップへ戻る



クスパからのお知らせ

2020年1月7日

【お知らせ】クスパ決済スタートしました

レッスン予約時にお支払い方法【クスパ決済】(クレジットカード払い)が選べるようになりました。当日お金のやり取りが発生せずに、ネット上で決済完了できます。ユーザー自身でキャンセルができるようになりました。
※教室がクスパ決済設定されたレッスンのみ予約可能です。