フレンチチキンプロヴァンス風 丸ごとガーリックグリル添えのレシピ、作り方(森 由美子)

クスパ > クスパ レシピ > お肉のおかず > 鶏肉 > 鶏むね肉 > フレンチチキンプロヴァンス風 丸ごとガーリックグリル添え

クスパ レシピ

フレンチチキンプロヴァンス風 丸ごとガーリックグリル添え 森 由美子先生

印刷する

20

南仏セレブのアンチエイジングメニュー!フランス人の好きな鶏肉を使いました。しかも、アンチエイジングに向く部位の「むね肉」を使用したどなたでも簡単に失敗なく作れる1品。
南フランスの大地に自生する4種類のハーブをミックスした
「エルブ・ドゥ・プロヴァンス」の香りをつけてローストした丸ごとガーリックは
甘みがあってまるでお芋のように感じられます。

【湧永製薬×クスパ】コラボレーション企画で制作されたレシピです。

<材料>  分量:4人分   調理時間:25分

鶏むね肉
大1枚
小さじ2/3
こしょう
8回転
にんにく②
1片
ディジョン産フレンチマスタード
大さじ1
小さじ2弱
プチトマト
8ケ
にんにく①
丸ごと1ケ
醤油
小さじ1~2
はちみつ
小さじ1~2
プロヴァンスハーブ
少々

作り方

【1】

にんにく①を水で洗い、蒸し器に入れ10分ほど蒸す。

【2】

にんにく②はみじん切りにし、塩こしょう、マスタードを加えよく混ぜ、水でのばす。

【3】

鶏むね肉は観音開きにして厚さをそろえ、表面に2のペーストを塗り、耐熱皿に置く。

【4】

にんにく①とプチトマトは水平方向にカットし、切り口に醤油、はちみつを塗りプロヴァンスハーブを振って鶏と同じ耐熱皿に入れ210度のオーブンで10分弱焼く。


【5】

鶏むね肉とプチトマトをオーブンから取り出し、にんにく①はそのまま焼き続ける(必要に応じオーブンの温度を220~230度にあげる)

【6】

鶏むね肉をそぎ切りにし皿にのせ、にんにく①に十分火が通ったらオーブンから出して、プチトマトとともに肉の脇に添える。ハーブを飾る。

★調理のコツ・ポイント★

コツ:
鶏むね肉はオーブンで焼く前に、厚さの調整をし火の入り加減が均一になるようにすること。
丸ごとにんにくは、皮付のまま調理し、芯まで十分に火を通すこと。
ポイント:
鶏肉はももではなく脂肪が少なく成長ホルモン分泌を促す成分の入っているむねを使いアンチエイジング効果を狙う。

レシピ制作者

森 由美子

森 由美子:パリ15区ヘルシーフレンチ教室(東京都 港区南青山)

■先生のプロフィール

表参道・骨董通り近くで「パリ15区」主宰。小田原市江の浦に、相模湾を見渡せる小さな自然農畑を、パリ郊外にア…(全て読む)

■ネット予約可能なレッスン

2020年11月 8日(日)   晩秋のアンチエイジングフレンチ・甘味の魅惑【対面レッスン】


ページのトップへ戻る