ディアボラチキンのレシピ、作り方(佐藤 絵里子)

クスパ > クスパ レシピ > お肉のおかず > 鶏肉 > 鶏もも肉 > ディアボラチキン

クスパ レシピ

ディアボラチキン 佐藤 絵里子先生

印刷する

15

ディアボラとは、イタリアで小悪魔風という意味。ニンニクとローズマリーで風味をつけて、フライパンで香ばしく焼いていきます。

<材料>  分量:2人分   調理時間:10分

鶏もも肉
1枚(300g)
A にんにくすりおろし
大さじ1/2
A 塩こしょう
適量
A 鷹の爪
1本
A ローズマリー
数本
薄力粉
適量
B ワイン又はお酒
大さじ1
B 醤油
大さじ1/2
B はちみつ
大さじ1/4
B バルサミコ酢
大さじ1/4
オリーブオイル
適量

作り方

【1】

鶏は、余分な脂と水気を除き、半分に切り、厚みがあれば切り込みを入れる。

【2】

鶏肉にAをもみこみ、10分~置いておく。(塩・黒こしょうはそのまま食べてちょうどよいぐらいの塩加減)

【3】

焼く直前に薄力粉をまぶす。

【4】

フライパンに油を入れて熱し、鶏肉の皮側を下にして入れる。アルミ箔をかぶせ、鍋などの重しをして焼く。(余分な脂が抜け、皮がパリッとする)


【5】

肉の側面の下半分ほどまで色が変わり、皮がこんがりとしたら裏返し火を通す。(裏は重しは不要。目安表5分裏3分)

【6】

フライパンの余分な油をペーパーで軽く押さえる。(鶏の旨みはふき取らない!)Bを入れて煮立ててグレイビーソースを作る。

【7】

ソースは小さな器に入れる。

【8】

器に鶏、ソースを盛り付ける。お好みでレモン、トマト、ベビーリーフ、ピンクペッパー、ローズマリーを添える。(分量外)


★調理のコツ・ポイント★

* 辛味はお好みで、ホットソースやマスタードをつけてもいい。

レシピ制作者

佐藤 絵里子

佐藤 絵里子:お料理&お菓子の教室 12カ月(兵庫県 西宮市 南郷町)

■先生のプロフィール

関西学院大学史学科卒業後、辻学園調理・製菓専門学校に入学し調理師免許を取得。ツアーコンダクターとして、世界…(全て読む)

■ネット予約可能なレッスン

2021年 1月21日(木)   睦月の食養生レッスン


ページのトップへ戻る