夏野菜と厚揚げの揚げ浸しのレシピ、作り方(あそれい精進料理教室 麻生怜菜)

クスパアワード2019とは?
1年で最も支持を集めた料理教室の先生を発表するクスパアワード。2019年も、ユーザー様からの投票数・クチコミ数・アクセス数などを総合的に審査し、満足度が高かった教室を表彰する予定です。
2019年に参加した料理教室のなかで、もっとも満足度の高い教室を「クスパアワード2019 この教室に投票する」ボタンより、ご投票をお願いいたします。
なお、投票はお1人様1教室しかできません。不正があった場合は無効票となります。
投票期間:2019年12月2日(月)~2020年1月7日(火)
×
2019年一番満足度の高い教室は?クスパアワード投票受付中!

クスパ > クスパ レシピ > 大豆製品のおかず > 油揚げ > 夏野菜と厚揚げの揚げ浸し

クスパ レシピ

夏野菜と厚揚げの揚げ浸し あそれい精進料理教室 麻生怜菜先生

印刷する

夏野菜と厚揚げをさっと揚げ焼きして、さっぱりした新生姜つゆにつけました。
甘みにはレアシュガースウィートを使うことで、やさしい甘みに厚みがでて、揚げ野菜のコクが広がります!

<材料>  分量:2人分   調理時間:20分

南瓜
200g
茄子
1本(100g)
ピーマン
1個(40g)
プチトマト 
6個
絹厚揚げ 
120g
揚げ油 
適量
[A]椎茸昆布出汁 
150ml
[A]淡口醤油 
大さじ2
[A]レアシュガースウィート
大さじ2
[A]酒 
大さじ2
[A]新生姜 
10g<千切り>

作り方

【1】

南瓜 <ひと口大に切り面取りする。皮を粗めに剥く>
茄子 <縦半分に切り、皮に斜めの格子状に切り目を入れ、横半分に切る>
ピーマン <種を除き、ひと口大に切る>
絹厚揚げ <ひと口大に切る>

【2】

① 揚げ油に野菜類・厚揚げを入れ、素揚げする

【3】

② 小鍋に[A]を入れてひと煮たちさせ、①の野菜を浸して完成!

★調理のコツ・ポイント★

・茄子は塩を軽く振り、水気を除いておきます。
・南瓜は、温度が低いうちから揚げ油に入れ、竹串がスッと通るまでじっくり揚げてください。
・ミニトマト・厚揚げは表面の水気を除いて1分ほど、さっと揚げる程度でOKです。

レシピ制作者

あそれい精進料理教室 麻生怜菜

あそれい精進料理教室 麻生怜菜:あそれい精進料理教室(東京都 世田谷区 用賀)

■先生のプロフィール

日本の伝統食、特に精進料理の考え方や調理法、食材などに感銘を受け、伝統的な調理法や食材を、現代のトレンドと…(全て読む)

■インターネット予約可能なレッスン

2019年12月19日(木)   【12月茶懐石精進料理クラス】


あそれい精進料理教室の最新レシピ


ページのトップへ戻る