リンゴとスペアリブチキンの重ねグリル のレシピ、作り方(福田真理子)

クスパ > クスパ レシピ > お肉のおかず > 鶏肉 > その他 > リンゴとスペアリブチキンの重ねグリル

クスパ レシピ

リンゴとスペアリブチキンの重ねグリル 福田真理子先生

印刷する

5

【フルール・ド・セル使用】
リンゴと香味野菜と鶏のスペアリブを重ね焼きしたお料理です。
皮はパリッパリで肉にはフルーティーな香りが移ります。
焼き上がったスペアリブにフルール・ド・セルをつけながらいただきます。
【伯方塩業株式会社×クスパ】コラボレーション企画で制作されたレシピです。

<材料>  分量::4人分   調理時間:35分

鶏のスペアリブ
12本
リンゴ
1個
セロリ
1本
ひとつまみ
粗挽き黒コショウ
ひとつまみ
オリーブオイル
適量
有塩バター
10g
フルール・ド・セル
小さじ1

作り方

【1】

スペアリブに塩と粗挽き黒コショウを振りかけて下味をつける。

【2】

リンゴは芯をのぞき皮はつけたまま1cm厚で食べやすい大きさにスライスする。
セロリは茎の部分を5mmの厚さで斜めにスライスする。
葉の部分は飾り用に適量使う。

【3】

耐熱皿にリンゴを並べ有塩バターを散らす。
リンゴの上にセロリを広げておく。
下味をつけたスペアリブにオリーブオイルをまぶしてからセロリの上に並べる。

【4】

180度に予熱したオーブンまたは魚焼きグリルで約25分加熱する。
皮にこんがり強めの焼き色が付けば焼き上がりです。


【5】

焼き上がってオーブンから出したら皿の周囲にフルール・ド・セルを振りまきます。

★調理のコツ・ポイント★

スペアリブはペーパーで水気を拭きとってから下味をつけます。
加熱中に時々刷毛でオリーブオイルを塗ることで皮がパリッパリに香ばしくなります。

レシピ制作者

福田真理子

福田真理子:パン・ お菓子教室ココット(東京都 日野市 新井)

■先生のプロフィール

短大食物栄養学科卒業、栄養士資格取得。 企業に入社して総務、広報に従事。この間も余暇に趣味のお菓子作りを継…(全て読む)


ページのトップへ戻る



クスパからのお知らせ

2019年5月28日

【お知らせ】line連携が可能になりました

いつもクスパをお使いいただき、ありがとうございます。

LINEログイン連携が可能になりました。
クスパ公式LINEができましたのでフォローもお願いします。

LINEログイン連携後は、その都度IDとPASSを入れなくてもログインできるようになります。