カラダを潤す 苺のジンジャーポークのレシピ、作り方(須崎 桂子)

クスパ > クスパ レシピ > お肉のおかず > 豚肉 > 豚の生姜焼き > カラダを潤す 苺のジンジャーポーク

クスパ レシピ

カラダを潤す 苺のジンジャーポーク 須崎 桂子先生

印刷する

更年期や乾燥スキンケアの薬膳♪
カラダを潤している「陰液(体液の総称)」が減る更年期は、ホットフラッシュやお肌の乾燥が気になり始めます。すると自然と食べたくなるのが、陰を補給する苺や豚肉といった薬膳素材。フルーツ薬膳に仕上げました。

<材料>  分量:4人分   調理時間:15分

豚ロース薄切り肉
8枚
カルダモンパウダー
適宜
自然塩
少々
◎おろし生姜
小2
◎苺の角切り
100g
◎白ワイン
大2
オリーブオイル
大1
好みの野菜サラダ
適宜
半分にカットした苺
4個分

作り方

【1】

筋切りした豚肉を広げて、カルダモンパウダーと塩を振る。

【2】

フライパンにオリーブオイルを入れて熱し、豚肉の両面を焼いて火を止めて、ひとり2枚分ずつお皿にのせる。

【3】

フライパンに◎を入れて強火でさっと加熱して、アルコールを飛ばし火を止める、ストロベリージンジャーソースを作る。

【4】

豚肉にソースをかけ、野菜とカットした苺をあしらう。


★調理のコツ・ポイント★

♡豚肉の脂身と赤身の間に包丁で切り目を何か所か入れ、筋切りしておくと焼いたときにお肉が丸まりません。
♡野菜サラダを添えて肉汁を絡めて頂くとおいしいですし、お肉の消化を助けます。
『ナチュラル薬膳生活入門編』補陰類 豚肉 p.121 参照

レシピ制作者

須崎 桂子

須崎 桂子:オトナ女子の本格薬膳教室「ナチュラル薬膳生活カレッジ柏本校」(千葉県 柏市 明原)

■先生のプロフィール

薬膳講師の須崎桂子(ニックネームは「けいてぃー」)です。海外留学や世界中の美味しいモノが集まる香港で仕事を…(全て読む)


ページのトップへ戻る