2016年干支『申』クッキーのレシピ、作り方(あや)

クーポンの取得及び利用について
クーポンは夏休み動画レッスンを購入すると取得できます!
また、取得したクーポンは通常レッスン及び動画レッスンのクスパ決済時に利用可能です。

クーポンが取得可能な夏休み動画レッスン特集はこちらから
×
夏休み動画レッスンを購入するとクーポンGET!もれなくもらえる300円クーポン配布中!

クスパ > クスパ レシピ > お菓子 > クッキー・スコーン > クッキー > 2016年干支『申』クッキー

クスパ レシピ

2016年干支『申』クッキー あや先生

印刷する

1

金太郎飴をイメージした申クッキーです。

<材料>  分量:25枚くらい   調理時間:1時間半くらい

バター
100g
砂糖
100g
1個
【プレーン】
-
薄力粉
125g
【ココア】
-
薄力粉
70g
ココア
10g
【ピンク】
-
食紅
耳かき3杯~
薄力粉
10g

作り方

【1】

【下準備】
バターを常温に置いて柔らかくする。
卵は割りほぐして常温に。

【2】

ボウルにバターを入れ、泡だて器で軽くほぐし、砂糖を入れ白っぽくなるまで混ぜ合わせる。

【3】

卵は2,3回に分けて入れ、その都度しっかりと混ぜ合わせる。

【4】

生地から90g(ココア生地用)、10g(ピンク生地用)を別に取る。


【5】

残りの生地に薄力粉125gをふるいながら入れさっくりと粉気が無くなるまで混ぜる。(混ぜすぎ、練り過ぎに注意)

【6】

生地10gはピンクにするために食紅を加え、少し濃い目に仕上げる。薄力粉10gをふるいながら入れ、粉気がなくなるまでスプーンで混ぜる。

【7】

生地90gにココアと薄力粉を一緒にふるい、プレーン生地と同じくらいの状態までさっくりと混ぜ合わせる。

【8】

それぞれラップに包み、30分冷蔵庫で寝かせる。


【9】

冷蔵庫からココア生地を取り出し縦12cm横24cmに伸ばす。

【10】

冷蔵庫からプレーン生地を取り出し縦20cm横24cmに伸ばす。

【11】

冷蔵庫からピン生地を取り出し長さ12cmの棒を4本作る。

【12】

ラップの芯を上1/3カットし、そこにラップを敷く。


【13】

口部分はココア生地幅1cm(長さ24cm)をカットし、幅3cmくらいになるようにめん棒で伸ばしラップに敷く。

【14】

その口部分にプレーン生地幅2cmを棒状にしはめ込む。

【15】

その左右にピンクの棒状にした生地をはめ込む。

【16】

その上にプレーン生地幅3cmをはめ込み少し下に押す。
その上に鼻部分のココア生地数mmをはめ、プレーン生地3㎝幅をはめ、少し押す。


【17】

目をはめ込むのに竹くしで溝を作る。

【18】

ココア生地幅数mmを2本カットし、目の部分にはめ込み、プレーン生地幅3cmをはめ込む。

【19】

残りのプレーン生地幅10cmくらいになるように伸ばし(足りないようであれば)、口の部分が真ん中に来るようにして全体的にくるむ。

【20】

ココア生地は耳使う幅1.5cmを残し、顔部分の生地を包めるくらいの幅にめん棒で伸ばし、全体的にくるむ。


【21】

冷凍庫で1時間以上寝かせ、金太郎飴のように5~7mm幅でカットして言う。
耳に使う生地は幅を半分に切り、正方形になるように切っていき、耳になるように顔生地にくっつける。

【22】

190℃に予熱したオーブンで10分160℃に落として5~10分で焼く。
顔にほんのり色がついたら焼き上がり。

★調理のコツ・ポイント★

生地は伸ばしたら冷たいところに置いておくとでろでろしなくていいです。

レシピ制作者

あや:パン教室こむぎや(北海道 釧路市 文苑)

■先生のプロフィール

短大の食物栄養学科卒業後、病院の栄養士、一般企業の事務員を経験。 その間に大手料理教室に通い、ブレッドのラ…(全て読む)


ページのトップへ戻る


スタッフイチオシ『』


クスパからのお知らせ

2021年7月8日

【お知らせ】オリンピック期間の連休のお問い合わせ対応について

誠に勝手ながら7月22日(木)~7月25日(日)の間、クスパ運営事務局のサポート業務をお休みさせていただきます。
休業中のお問い合わせは26日(月)以降に順次対応させていただきます。

ご不便をおかけしますが、ご理解とご協力のほど、よろしくお願いいたします。

クスパ運営事務局