新生姜の甘酢漬け(生姜の保存食 ガリ)のレシピ、作り方(平元秀子)

クスパ > クスパ レシピ > 野菜・きのこ・豆のおかず > 野菜 > その他 > 新生姜の甘酢漬け(生姜の保存食 ガリ)

クスパ レシピ

新生姜の甘酢漬け(生姜の保存食 ガリ) 平元秀子先生

印刷する

9

新生姜の甘酢漬けは生姜とお酢の相乗効果で
梅雨時期や夏にさっぱり食べられるだけでなく体にとっても様々な効果があります。

<材料>  分量:1キロ分 480ml3~4個   調理時間:30分

新生姜
1キロ
・酢
600cc
・砂糖又はてんさい糖
250~300g
大さじ1杯

作り方

【1】

新生姜は夏6月頃から8月くらいまで出回る夏が旬の生姜です。

【2】

切り分けて、水で洗って茶色の汚れている所はスプーンでこそぎ取る。(赤い部分がピンク色になるので使います)

【3】

生姜を包丁でスライスして塩をふり、混ぜ合わせてしばらくおきます。

【4】

たっぷりのお湯で1~2分茹でます。
ざるに揚げ水気を切り冷ましておきます。


【5】

鍋に・の酢、砂糖を入れ砂糖が溶けたら4の生姜を入れます。※てんさい糖だと漬け液が少し茶色になります。

【6】

温かいうちに保存瓶に入れる。保存食も話題のメイソンジャーで保存いたしました。冷蔵庫保存がお勧めです。

【7】

生生姜のジンゲロールは殺菌作用があります。寿司屋さんで出されるのは魚臭さを消す為や口直し、食中毒防止の役割があります。

【8】

刻んで酢飯の混ぜ込みお稲荷さんにしても良いですよ!


★調理のコツ・ポイント★

生姜の効能には疲労回復などがあります。お酢は内臓脂肪の減少、血糖値上昇の抑制作用などがあるので疲れ気味、メタボ気味な男性達にもお勧めです。ご主人のおつまみとしても最適ですね!
水分の多い新生姜は甘めの液で漬ける方が日持ちも味ボケもなしです。

レシピ制作者

平元秀子

平元秀子:ひらもと クッキングサロン(島根県 松江市 上乃木)

■先生のプロフィール

大学卒業後、総合病院で生活習慣病の栄養指導を担当し勤務。現在は歯科受付業務、ヨガ講師としても活動中。自宅で…(全て読む)


ページのトップへ戻る