穴子のプッタネスカ スパゲッティーニのレシピ、作り方(吉沼弓美子)

クスパ > クスパ レシピ > パスタ・グラタン > パスタ > トマトソース > 穴子のプッタネスカ スパゲッティーニ

クスパ レシピ

穴子のプッタネスカ スパゲッティーニ 吉沼弓美子先生

印刷する

【「アルチェネロ」有機全粒粉スパゲッティ使用】
旬の穴子を使ったトマトソースのパスタです。くせのある穴子の味に合わせて、オリーブやケッパーを入れて酸味のある味に仕上げました。

【日仏貿易×クスパ】コラボ企画で制作されたレシピです。

<材料>  分量:4人分   調理時間:30分

アルチェネロ有機全粒粉スパゲッティ
220g
穴子の開き
100g
適宜
種なしブラックオリーブ(粗みじん切り)
30g
ケッパー
20g
アンチョビ
8g
にんにく(みじん切り)
1片
赤唐辛子
2本
アルチェネロ有機EXVオイルフルッタート
大さじ2
パセリ(みじん切り)
5g
アルチェネロ有機ホールトマト
1.3缶
にんにく(みじん切り)
1片
アルチェネロ有機EXVオイルフルッタート
大さじ2
適宜

作り方

【1】

トマトソースを作る。ホールトマトは軽くつぶしておく。

【2】

鍋にEXVオイルフルッタートとみじん切りにしたにんにくを入れて火にかけ、香りがでてきたらホールトマトと塩を加えて煮つめる。

【3】

穴子に塩をふってぬめりをとり、水で洗って水気をよく拭き取る。これを7ミリ幅に切る。水気を拭き取る。

【4】

フライパンにEXVオイルフルッタート・みじん切りのにんにく・赤唐辛子・アンチョビを入れて火にかけ、香りが出てきたら3の穴子を加えてしっかり炒める。


【5】

オリーブ・ケッパーを加えて軽く炒め、2のトマトソースを加える。

【6】

茹で上ったスパゲッティ・パセリを加えて、茹で汁で水分量を調整し、塩で味を調える。

★調理のコツ・ポイント★

・穴子皮のぬめりに臭みがあるので、塩をふってもみ、水洗いをして臭みを取り除きます。
・パスタを茹でる時は、表示時間よりも1~2分短く茹で、ソースの中で仕上げをするようにしましょう。

レシピ制作者

吉沼弓美子

吉沼弓美子:イタリア料理教室 Cucina del Cielo(東京都 世田谷区 上馬)

■先生のプロフィール

大学卒業後、大手外食企業で管理栄養士としてメニュー開発に携わる。 退職後、1年間イタリアに留学し、ボローニ…(全て読む)


ページのトップへ戻る