パプリカ詰めパスタのオーブン焼きのレシピ、作り方(長内 みほこ)

クスパ > クスパ レシピ > パスタ・グラタン > パスタ > トマトソース > パプリカ詰めパスタのオーブン焼き

クスパ レシピ

パプリカ詰めパスタのオーブン焼き 長内 みほこ先生

印刷する

5

【「アルチェネロ」有機全粒粉スリムマカロニ使用】
濃厚なトマトソースであえたパスタをカラフルなパプリカに詰め、チーズをたっぷり振ってオーブンで焼いたおもてなしにぴったりの1品です。

【日仏貿易×クスパ】コラボ企画で制作されたレシピです。

<材料>  分量:4人分   調理時間:60

パプリカ(赤または黄)
4個
(プッタネスカ風トマトソース)
4人分
アルチェネロ有機ホールトマト
1缶
アルチェネロ有機トマトピューレ
1パック(200g)
にんにく
1/2片
玉ねぎ
小1個
アンチョビ
4枚
ケイパー
大さじ1
オリーブ
8個
赤唐辛子
1本
アルチェネロ有機EXVオイルフルッタート
大さじ2
アルチェネロ有機全粒粉スリムマカロニ
100g
パルミジャーノすりおろし
大さじ4
塩・こしょう
適量
イタリアンパセリ
適宜

作り方

【1】

パプリカはヘタから2㎝下を横にカットし、種とワタを除く。軽く塩を振って耐熱皿にのせ、ふんわりとラップをかけて電子レンジで4~5分加熱し、さかさにして水けを切っておく。

【2】

鍋にEXVオイルフルッタートとつぶしたにんにくを入れて弱火にかけ、香りが立ったら、みじん切りの玉ねぎを炒め、しんなりしたらアンチョビを加えて潰しながら炒める。

【3】

ホールトマト・トマトピューレ・塩を洗ったケイパー・種を抜いて刻んだオリーブ・種を抜いた赤唐辛子を加え、約20分煮込む。塩、こしょうで調味する。

【4】

1%の塩分量のお湯でスリムマカロニを表示時間通りに茹で、水けを切って❸のソースに加え1〜2分煮る。火を止めてそのままそばらく置いておく。


【5】

スリムマカロニがソースと十分に馴染んだら、パプリカに詰め、パルミジャーノを振りかける。

【6】

耐熱容器にオーブンシートを敷きパプリカを並べ、蓋は横に置いてEXVオイルフルッタートを振りかけ、200℃に予熱したオーブンで20分焼く。蓋をかぶせ、180℃に落としてさらに10分焼く。

【7】

器に盛り付け、イタリアンパセリのみじん切りを振りかける。

★調理のコツ・ポイント★

茹であがったスリムマカロニにソースをしっかりと馴染ませるのがポイント。水分が落ち着き味も馴染んでパプリカに詰めやすくなります。
焼く際上が焦げそうになったらアルミホイルをかぶせて。パプリカが柔らかくなるまでしっかりと焼くことも美味しく作るコツ。

レシピ制作者

長内 みほこ

長内 みほこ:料理教室 Piacereピアチェーレ(東京都 目黒区 中町)

■先生のプロフィール

結婚後ワインエキスパート資格を取得、家庭でワインを楽しむ食事を模索していたころイタリア料理と出会う。その後…(全て読む)


ページのトップへ戻る



クスパからのお知らせ

2019年5月28日

【お知らせ】line連携が可能になりました

いつもクスパをお使いいただき、ありがとうございます。

LINEログイン連携が可能になりました。
クスパ公式LINEができましたのでフォローもお願いします。

LINEログイン連携後は、その都度IDとPASSを入れなくてもログインできるようになります。