ナバラン・プランタニエのレシピ、作り方(西井 英子)

クスパ > クスパ レシピ > お肉のおかず > 豚肉 > 豚かたまり肉 > ナバラン・プランタニエ

クスパ レシピ

ナバラン・プランタニエ 西井 英子先生

印刷する

5

本来は子羊と春野菜の煮込みですが、手に入りやすい煮込み用豚肉を使って作りました。
豚肉のうま味と調味料は塩のみで仕上げます。出汁入らずで美味しい1品です。

<材料>  分量:4人分   調理時間:1時間30分

シチュー用・酢豚用豚肉
500g
香味野菜
100g
小麦粉
10g
トマトペースト
25g
ホールトマト缶
75g
約400ml
にんにく
1片
ブーケガルニ
小1本
付け合わせのじゃがいも
2個
にんじん
1/2本
小たまねぎ
8個
スナックえんどう
8さや
プラム
6個
塩,こしょう,オリーブ油
各適量

作り方

【1】

香味野菜(たまねぎとにんじん 40g,セロリ20g)は薄くスライスにする。にんにくは皮付きのまま包丁の背でつぶす。

【2】

鍋にオリーブ油を引いて中火に熱し、塩こしょうをした豚肉に焼き色をつけてバットに取り出す。

【3】

余分な脂を拭き取り、新たに油を引いて、香味野菜を弱火でしんなりするまで炒める。しんなりしたら小麦粉を加えて粉気が見えなくなるまで炒めて、トマトペーストを加えて絡ませる様に炒める。

【4】

豚肉を戻し入れて、ホールトマトと水を加えて煮立たせアクを取り、塩ひとつまみとブーケガルニを入れて、フタをして極弱火で1時間ほど煮込む。


【5】

付け合わせを作る。じゃがいもとにんじんはフットボール型に面取りする。小たまねぎは皮をむき、えんどうは筋取りする。プラムは半分に切る。

【6】

それぞれ固めの塩ゆでにして、ひとつの鍋に合わせて入れておく。(じゃがいもとにんじん・小たまねぎはおか上げに、エンドウは冷水にさらして水分をおさえる。)

【7】

肉がほぐれる様になれば、肉を取り出して煮汁をザルで漉す。煮汁の味を整えて肉を戻し入れて、煮汁に軽くとろみがつくまで煮込む。付け合わせは白ワインと塩少々を加えて温めなおす。

【8】

器に肉を等分して分け、付け合わせの野菜をバランス良く散らす。たっぷりと煮汁を回しかける。


★調理のコツ・ポイント★

豚肉を焼く時は、焦げ色がつくまで触らない様にする。鍋底に茶色のこうばしい焼き色がうま味になりますので、強火では焼かないで下さい。付け合わせの野菜を茹でる時は、少し塩分を感じるくらいで茹でます。えんどうのみ沸騰した湯で、小たまねぎとにんじんとじゃがいもは水から入れて火にかけ、弱火で茹でます。甘みが違ってきます。

レシピ制作者

西井 英子:フランス料理教室 Amuse(大阪府 和泉市 府中町)

■先生のプロフィール

短大卒業後、洋菓子店で約10年ほど働きながら、独学でフランス料理を学ぶ。 本格的に学びたいため29歳でエ…(全て読む)

■インターネット予約可能なレッスン

2019年 5月26日(日)   フランス郷土菓子とシンプルフランスお惣菜レッスン


ページのトップへ戻る