メキシカンポークのグリル ハーブ風味のタルティーヌのレシピ、作り方(和田 陽子)

クスパ > クスパ レシピ > パン > サンドイッチ・ハンバーガー > その他 > メキシカンポークのグリル ハーブ風味のタルティーヌ

クスパ レシピ

メキシカンポークのグリル ハーブ風味のタルティーヌ 和田 陽子先生

印刷する

23

メキシカンポークの「やわらかさ」を味わっていただくため、分厚くカットしてグリルしました。ニンニクの効いたマッシュポテトと共にカンパーニュの上にのせた、ボリューム満点のタルティーヌをお召し上がり下さい。

メキシカンポーク輸出業者協会さんとのコラボレーションで制作されたレシピです。

<材料>  分量:4人分   調理時間:30分(電子レンジ加熱時間を除く)

メキシカンポーク・ロース肉(厚切り)
600g (150g×4枚)
カンパーニュ(厚切り2cm)
4枚
適宜
ブラックペッパー
適宜
パセリ
大さじ4
にんにく
小さじ2
じゃがいも
4個
バター
20g
ホワイトソース(市販のもの)
大さじ6
エルブドプロバンス
小さじ2
パン粉
15g
オリーブオイル
大さじ2
クレソン
適量

作り方

【1】

パセリはみじん切りにし、にんにくはすりおろす。

【2】

ロース肉は塩、ブラックペッパーを全体に強めにふり、5分程度常温におく。

【3】

じゃがいもは皮をむき、適当な大きさにカットし、耐熱のボウルに入れ電子レンジ(700w)で8分加熱し、火が通ったら、バターを加え馴染ませる。その中に、[1]とホワイトソースを順に加え、よく混ぜ合わせ馴染ませておく。

【4】

[2]の豚肉を両面合わせて15分程度焼く。こんがりと焼き目が付き、火が通ったら、エルブドプロバンスとパン粉を合わせたものを片面にのせ、オリーブオイルを回しかけ、中火弱で2分焼く。


【5】

カンパーニュに、はけでオリーブオイル(分量外)を塗り、トースターで2分程度サッと焼き、その上に[3]のマッシュポテトをのせる。

【6】

[4]の豚肉を食べやすくカットし、[5]の上にクレソンと共に彩りよくのせる。

★調理のコツ・ポイント★

・「エルブドプロバンス」はローズマリー、パセリ、オレガノなどのドライハーブでも代用できます。代用する際は2種類以上組み合わせると、より風味がよくなります。
・ロース肉は焼く前に、焼き縮みが起きないように肉の淵に切り込みを入れる。
・塩、ブラックペッパーをしてから、しばらく置くことによって、肉に味が染み込みます。
・パセリはみじん切りした後、さらしに包み流水の中で揉むと、アクっぽさが抜けて、優しい味になり、ジャガイモとの馴染みが良くなります。

レシピ制作者

和田 陽子:cucin amica タルティーヌ教室(埼玉県 さいたま市 西区)

■先生のプロフィール

和食懐石料理教室「手まり」アシスタントを担当する傍ら、 2008.3月さいたま市の自宅キッチンにてcuci…(全て読む)


ページのトップへ戻る