ふぐの白だしで白菜の鯛包みのレシピ、作り方(和田 陽子)

クーポンの取得及び利用について
クーポンは動画レッスン購入後に評価をすると取得できます!
また、取得したクーポンは通常レッスン及び動画レッスンのクスパ決済時に利用可能です。

クーポンが取得可能な動画レッスン特集はこちらから
×
動画レッスンを評価してクーポンをGET!もれなくもらえる100円クーポン配布中!

クスパ > クスパ レシピ > 野菜・きのこ・豆のおかず > 野菜 > 白菜 > ふぐの白だしで白菜の鯛包み

クスパ レシピ

ふぐの白だしで白菜の鯛包み 和田 陽子先生

印刷する

18

ふぐの白だしを使い、旬の白菜と鯛を炊き上げました。余計な調味料を使わないので、シンプルに素材の味を楽しめます。

<材料>  分量:4人分   調理時間:40分

鯛の切り身
2切れ
昆布(20×10cm)
1枚
白菜
4枚
飾り用ゆず
適量
ふぐの白だし
小さじ2
450cc
50cc
小さじ2/3

作り方

【1】

鯛の切り身は骨を取り除き、4つに切り分け、酒(分量外)、塩(分量外)を振りかけておく。

【2】

鍋に水と昆布を入れて中火にかけ、ひと煮立ちしたら弱火にして、5分間煮る。水がうっすら緑色になったら、酒を加えてひと煮立ちさせ、塩を加える。

【3】

白菜を、さっと湯通しし、まな板に大きく広げる。根元の白い部分は、切って縦の短冊切りにしておく。広げた葉の下から1/3の場所に、短冊にした白菜の根元、鯛の切り身をのせ、きれいに包む。※包み終わりが下にくるように包みます。

【4】

[2]の鍋に『ふぐの白だし』を加え、昆布の上に白菜の鯛包みを、きれいに並べ入れる。


【5】

鍋の淵がクツクツする程度の弱火で20分火にかけ、時折、スプーンで出し汁をすくい、白菜の鯛包みの上からかけて、味を馴染ませていく。

【6】

器に盛り付け、出し汁を少々入れ、細切りにしたゆずをあしらいできあがり。

★調理のコツ・ポイント★

調理中は、決して強火にせず、中火~弱火を使用しましょう。そうすることで、出し汁が濁らず、白菜はしっとりと、鯛はふんわりとした柔らかい仕上がりになります。

シマヤさんとのコラボレーションで制作されたレシピです

レシピ制作者

和田 陽子:cucin amica タルティーヌ教室(埼玉県 さいたま市 西区)

■先生のプロフィール

和食懐石料理教室「手まり」アシスタントを担当する傍ら、 2008.3月さいたま市の自宅キッチンにてcuci…(全て読む)


ページのトップへ戻る



クスパからのお知らせ

2021年4月26日

フォローしている教室の通知をすぐに受け取れるようになりました。
また教室からのお知らせも通知を受け取れるようになりました。

マイページ→マイメニュー→設定変更→メッセージ受信設定から
教室フォロー通知を【すぐに受け取る】を選び設定してください。