ハーブの小窓のレシピ、作り方(高山 真弓)

クスパ > クスパ レシピ > パン > 菓子パン ・おかずパン・蒸しパン > おかずパン > ハーブの小窓

クスパ レシピ

ハーブの小窓 高山 真弓先生

印刷する

40

2010年6月5日発売『おいしく楽しく通える料理教室』の書籍依頼を受け依頼れたパンです。

2種類のハーブと具沢山の食材を使用したおかずパンをどうぞ♪見た目はフォカッチャのようですが全く違います。

<材料>  分量:160g   調理時間:180分

インスタントドライイースト
2g
砂糖
9g
2g
108g
ローズマリー
0.5g
バジル
0.5g
フィリングとしての食材
適量
無塩バター
15g

作り方

【1】

ボウルに粉類を入れて混ぜる。全体が混ざったら水を入れて混ぜる。ボウルの中で1つのかたまりができたら、台の上に出してこねる。

【2】

しっかり捏ねたらバターを入れ、少したったらハーブ2種類を入れて更に捏ねる。パン生地ができたらボウルに入れてしまい乾燥を防ぎ一次発酵35℃40分に入る。

【3】

発酵後分割を6個・台の上で丸め直し。手の上では丸めない。

【4】

ベンチタイム15分。


【5】

2つ1組の成型をするので、1つは具材の土台になるよう大きめ丸くメン棒で伸ばす。もう1つも具材を乗せた生地と同じ位にメン棒で丸く伸ばす。こちらは上にかぶせるので具材を置いた場所に合うようにスケッパーで穴をあける。

【6】

具材は4種類~5種類と乗せられる。例としては、ほうれん草(生)さといも(少々固めに煮た物)黒オリーブ・ニンニク漬けドライトマト・ソーセージ等など。自宅にある食材でOK。
乗せた上に先ほど穴を開けた生地をかぶせて乗せて周りを軽く閉じる。

【7】

小窓から色とりどりの食材が覗いていればグー!
穴をきちんと開けないと、発酵中閉じてしまうので気を付けよう。
その作業をあと2つ作ると全部で3個パンができる。できたら二次発酵35℃25分前後。

【8】

トッピングに照り卵を塗ってもいいし塗らなくてもいいし。これはお好みで。
パルメザンチーズやとろけるチーズを乗せてもOK。これも決まりはありません。


【9】

ガスオーブンで焼成180℃10分前後。電機オーブンの方は変動して下さい。

★調理のコツ・ポイント★

楽しく美味しく作る事♪

しっかり捏ねて、きちんと発酵すればなんとかなりますよ(笑)

チャレンジしてみましょう♪

レシピ制作者

高山 真弓

高山 真弓:ようこそパン教室「Sunrich Lemon」へ(東京都 新宿区西落合)

■先生のプロフィール

★家庭用のオーブンでプロを育て美味しいパンとバリエーション豊富なパンが作れる教室 パンの技術&経理経営学等…(全て読む)

■インターネット予約可能なレッスン

2019年 4月 1日(月)   【色々な酵母】募集:ホシノ酵母編


ページのトップへ戻る