熱さましに 胡瓜とトマトの参耆ガスパチョのレシピ、作り方(須崎 桂子)

クスパ > クスパ レシピ > その他 > マクロビ・薬膳・ローフード > 薬膳 > 熱さましに 胡瓜とトマトの参耆ガスパチョ

クスパ レシピ

熱さましに 胡瓜とトマトの参耆ガスパチョ 須崎 桂子先生

印刷する

熱をゆるやかに冷ます薬膳スープ♪
胡瓜やトマトは、発熱や夏の暑さで身体が熱くなったときに、 熱を冷ましたり、発汗で失った身体の潤いを補給する薬膳素材なので活用しました。実際は煎じ液で作りましたが、こちらはチキンスープで代用するレシピです。

<材料>  分量:4人分   調理時間:15

チキンスープまたは党参と黄耆の煎じ液
200ml
A:胡瓜
1本
A:完熟トマトの湯剥き
500g
A:玉葱皮を剥いたもの
1/2個
A:大蒜皮を剥いたもの
1/2片
B;オリーブオイル
大2
B:白ワインビネガー
大1
B:自然塩
少々
パセリみじん切り
適宜

作り方

【1】

チキンスープ(または参耆湯・煎じ液)をミキサーに入れる。

【2】

Aをざく切りして1に加えてかくはんする。

【3】

2をボウルに移しBで調味する。

【4】

器に盛り分けパセリのみじん切りをあしらう。


★調理のコツ・ポイント★

♡キンキンに冷たいスープは臓器を冷やし、むくみやすくなるので、ほどほどの温度で頂きましょう。
♡玉葱の辛味が体質に合わないときは、入れなくても結構です。
『ナチュラル薬膳生活入門編』 清熱類 胡瓜 p.160 トマト p.162 参照

レシピ制作者

須崎 桂子

須崎 桂子:オトナ女子の本格薬膳教室「ナチュラル薬膳生活カレッジ柏本校」(千葉県 柏市 明原)

■先生のプロフィール

薬膳講師の須崎桂子(ニックネームは「けいてぃー」)です。海外留学や世界中の美味しいモノが集まる香港で仕事を…(全て読む)


ページのトップへ戻る



クスパからのお知らせ

2020年1月7日

【お知らせ】クスパ決済スタートしました

レッスン予約時にお支払い方法【クスパ決済】(クレジットカード払い)が選べるようになりました。当日お金のやり取りが発生せずに、ネット上で決済完了できます。ユーザー自身でキャンセルができるようになりました。
※教室がクスパ決済設定されたレッスンのみ予約可能です。