ナンのレシピ、作り方(よこやさとみ)

クスパ > クスパ レシピ > パン > 世界各国のパン > その他 > ナン

クスパ レシピ

ナン よこやさとみ先生

印刷する

手作りならではの美味しさ。カリっと焼いた表面。ふわふわの生地。チーズを入れたりお好みでアレンジも応用もできます♪

<材料>  分量:5~6枚   調理時間:2時間(発酵時間を含む)

強力粉
300g
5g
ドライイースト
4g
砂糖
30g
1個
(A)牛乳
100g
(A)ぬるま湯
50g
(A)オリーブ油
15g
サラダ油
適宜
打ち粉(薄力粉or強力粉)
適宜

作り方

【1】

(A)牛乳・ぬるま湯・オリーブ油を器に入れ混ぜておく。

【2】

卵は溶いておく。

【3】

ボウルに強力粉・塩・イースト・砂糖・1・2を入れる。

【4】

粉っぽさがなくなり生地が艶やかにまとまるまで捏ねる。機械捏ねは3~5分。手ごねの場合は15~20分が目安。


【5】

ボウルにサラダ油を塗る。

【6】

4の生地をひとまとめにする。

【7】

5のボウルに6を入れラップをする。温かい場所(25℃以上)で1時間程度、生地が1.5~2倍になるまで1次発酵させる(1時間程度)。

【8】

生地が1.5~2倍に膨らみ、粉をつけた指をさしてみて戻ってこなければ発酵が完了。


【9】

手で生地を数回抑えてガス抜きをする。

【10】

ガス抜きした生地を5~6等分する。

【11】

手に少し油を塗り10の生地を丸め、ボウルに戻す。

【12】

11にラップをかけ10分休ませる(ベンチタイム)。


【13】

天板にオーブンシートを敷く。手に少し油を塗り12の生地を丸め直す。

【14】

天板に間隔をあけ、生地を並べる。

【15】

天板ごと清潔なビニール袋に入れ封を閉じる。(25℃以上)で1時間程度、生地が1.5~2倍になるまで2次発酵させる(30分程度)。

【16】

15の生地が1.5~2倍になったら2次発酵完了。


【17】

作業台等に打ち粉をして16の生地にも打ち粉をする。

【18】

楕円丸形に形成する。

【19】

18を麺棒で10~12センチに伸ばす。

【20】

8センチくらいの両端を内側にたたむ。


【21】

20を伸ばす。同様に残りの発行済の生地も形成する。

【22】

フライパンにバターを溶かす。

【23】

21を2~3枚ずつ焼く。弱火で片面2分程度。

【24】

裏に返して2分程度焼けばできあがり。


★調理のコツ・ポイント★

生地がベトつきます。丸めたりするときは手に薄く油を塗ってから生地を扱うと作業がスムーズです形成するときは打ち粉をしっかりとすると作業がスムーズに進みます。チーズなどアレンジをするときは、最後の形成するときに挟んだり、生地の上にチーズを乗せて焼いてカリカリにしたりすると美味しくできます♪

レシピ制作者

よこやさとみ

よこやさとみ:小さなキッチン(名古屋市昭和区御器所)

■先生のプロフィール

短期大学の栄養科卒業後、『祐成陽子クッキングアートセミナー』にてフードコディネーターを取得。その後、飲食業…(全て読む)

■ネット予約可能なレッスン

2020年 8月20日(木)   おうちで『韓国の家庭料理』


ページのトップへ戻る


スタッフイチオシ『火を使わないメニュー特集』