塩豚とじゃがいものコンフィのレシピ、作り方(浦田深雪)

クスパ > クスパ レシピ > お肉のおかず > 豚肉 > 豚かたまり肉 > 塩豚とじゃがいものコンフィ

クスパ レシピ

塩豚とじゃがいものコンフィ 浦田深雪先生

印刷する

1

【フルール・ド・セルを使用】

伯方の塩(粗塩)を使って作った塩豚を利用したコンフィです。
塩によって、旨味が引き出された豚バラ肉を、
オリーブオイルで、じっくりと煮込みます。
やわらかく火が通った塩豚と、フルール・ド・セルの食感がアクセント。
【伯方塩業×クスパ】コラボ企画で制作されたレシピ

<材料>  分量:2人分   調理時間:40分(豚の塩漬け込み時間を除く)

豚バラ肉(かたまり)
300g
伯方の塩(粗塩)
小さじ1
砂糖
小さじ1/4
じゃがいも
2個
にんにく
2片
ワインビネガー
大さじ1
オリーブオイル
大さじ2
ローズマリー
1枝
黒胡椒
適量
フルール・ド・セル
適量

作り方

【1】

豚肉は、粗塩と砂糖をもみ込み、ビニールに入れて冷蔵庫で一晩以上漬けておく。

【2】

塩漬けにした豚肉を、水で洗い流し水分を拭いて、ひと口大に切る。

【3】

じゃがいもは、皮つきのまま軽く下茹でして4等分に切り分ける。

【4】

鍋にオリーブオイルを熱し、豚肉を焼き、焼き色がついたらワインビネガーをふりかけ、じゃがいも、皮つきのにんにく、オリーブオイル、ローズマリーを加え、蓋をして弱火で30分蒸し煮にする。


【5】

鍋の蓋をあけ、強火にしてじゃがいもに焼き色をつけて、黒コショウとフルール・ド・セルを、ふりかける。

★調理のコツ・ポイント★

塩豚は、日持ちがするので、炒め物やスープに活用できます。

レシピ制作者

浦田深雪

浦田深雪:ラ・ネージュ・グラッセ(神奈川県 横浜市神奈川区 白楽)

■先生のプロフィール

管理栄養士取得後、コルドンブルー東京校にて、料理ディプロマ修得。自宅にて料理教室『ラ・ネージュグラッセ』を…(全て読む)


ページのトップへ戻る



クスパからのお知らせ

2019年8月28日

【重要】消費税率に伴うレッスン受講料について

このたび2016年11月28日に施行された法律(平成28年法律第85号及び第86号)に基づき、2019年10月1日から消費税及び地方消費税の税率が8%から10%に引上げられる予定です。つきましては、クスパでも【レッスン受講料】税込統一表記の改定します。
同じレッスンでも9月までの【レッスン受講料】と10月までの【レッスン受講料】に差異が出る場合がございますので、ご了承ください。
(例)10月以降のレッスンを9月中に予約→メールで届いたレッスン受講料が記載されていなかった。
※先生が対応されていない場合もありますので、詳細は先生にお問い合わせください。
※他にも、事前振り込みの場合など詳細は先生にお問い合わせください。
ご不便をおかけしますが、ご理解とご協力のほど、よろしくお願いいたします。
クスパ運営事務局