鮎のふっくら 香草塩釜焼きのレシピ、作り方(仲野香織)

クスパ > クスパ レシピ > 魚介のおかず > その他 > 鮎のふっくら 香草塩釜焼き

クスパ レシピ

鮎のふっくら 香草塩釜焼き 仲野香織先生

印刷する

1

【日本海水「かんたん 塩釜焼の素」使用】
鮎は、ご家庭ではあまり馴染みのない魚かもしれませんが、淡泊で身がふっくらとしていて、とてもおいしい魚です。
焼くのが難しそうなイメージですが、塩釜焼きなら簡単にふっくら焼くことができますよ♪

【日本海水×クスパ】コラボ企画で制作されたレシピです。

<材料>  分量:2人分   調理時間:30分

2尾
かんたん 塩釜焼の素
500g
大さじ3
ローズマリー
10本程度
にんにく(すりおろし)
少々
オリーブオイル
小さじ2
しそ
10枚程度

作り方

【1】

鮎は、多めの塩(分量外)でぬめりを取るか、包丁の背で優しくぬめりを取る。(鱗を取ってもかまいません。)
内臓を取り、お腹の内側ににんにくを少々塗り、ローズマリーを1本入れる。
ローズマリーは、残りの8本をみじん切りにしておく。

【2】

ボウルに塩釜焼の素と水大さじ3を入れ、泡立て器で混ぜる。
みじん切りにしたローズマリーとオリーブオイルも加えて混ぜる。
オーブンを180度に予熱する。

【3】

天板にオーブンシートを敷き、塩釜焼きの素を広げる。
しそを敷き詰めて、その上に鮎を2匹並べる。
その上にまたしそを並べ、上から塩釜焼きの素をのせ、全体を覆う。

【4】

オーブンに入れ、180度で20分加熱する。


【5】

焼き上がったら、鮎を傷つけないように包丁で塩を取り除いていただく。

★調理のコツ・ポイント★

塩と鮎の間にしそを敷くことで、塩がつき過ぎるのを防ぎます。
塩にローズマリーを混ぜ込むことで、鮎全体に香草の香りがうつります。

レシピ制作者

仲野香織

仲野香織:Smile Kitchen 八千代中央(千葉県 八千代市 ゆりのき台)

■先生のプロフィール

取得資格 栄養士 フードスペシャリスト フードスペシャリスト商品開発 フードコーディネーター 食育インスト…(全て読む)

■インターネット予約可能なレッスン

2017年 8月24日(木)   夏こそ料理は手抜きしよう!つくおき&使い回しレッスン


ページのトップへ戻る