ハンバーグの塩釜焼き チーズソース添えのレシピ、作り方(小川 典子)

クスパ > クスパ レシピ > お肉のおかず > 挽き肉 > ハンバーグ > ハンバーグの塩釜焼き チーズソース添え

クスパ レシピ

ハンバーグの塩釜焼き チーズソース添え 小川 典子先生

印刷する

14

【日本海水「かんたん 塩釜焼の素」使用】
ハンバーグを塩釜で包んで焼くことによって、うまみがギュッと詰まったさらに美味しいハンバーグになりました。

【日本海水×クスパ】コラボ企画で制作されたレシピです。

<材料>  分量:4人分   調理時間:60分

かんたん 塩釜焼の素
700g
合いびき肉
400g
ウズラのゆで卵
4個
A)玉ねぎみじん切り
1/2個分
A)セロリのみじん切り
5cm分
A)ニンジンみじん切り
5cm分
A)ピーマンみじん切り
1個分
B)パン粉
大さじ2
B)牛乳
大さじ2
1個
ナツメグ
少々
オールスパイス
少々
胡椒
少々
サラダ油
大さじ1
C)有塩バター
大さじ1/2
C)小麦粉
大さじ1/2
C)白ワイン
大さじ1
C)牛乳
150ml
C)クリームチーズ
20g
C)ピザ用溶けるチーズ
50g
C)塩・胡椒
各少々
付け合わせの野菜
お好みで適量

作り方

【1】

Aの野菜を耐熱容器に入れ、電子レンジで2分加熱して粗熱を取る。
Bのパン粉と牛乳は合わせておく。
オーブンは200度に予熱し、天板にオーブンペーパーを敷いておく。

【2】

合いびき肉を入れたボウルにA・B・溶き卵を入れ、木べらで混ぜる。スパイスと胡椒を入れさらに混ぜ、たねを4つに分ける。
それぞれ中央に殻をむいたウズラのゆで卵を入れ、中の空気を抜くように形作り、ハンバーグを作る。

【3】

サラダ油を敷いたフライパンに2のハンバーグを並べ、中火で両面に焼き色をつける。(中まで火を通さなくてよい。)
粗熱が取れたらオーブンペーパーで一つずつ包む。

【4】

塩釜焼の素をボウルに入れ、水大さじ3~4(分量外)を様子を見ながら加え、全体がやや硬めのクリーム状になるまでよく混ぜる。
3の全体に隙間がないようにつけ、天板の上に並べる。


【5】

オーブンに入れ、塩釜の表面に薄く色がつきしっかりと固くなるまで50~60分焼く 。

【6】

Cの材料でチーズソースを作る。
小鍋に有塩バター・小麦粉を入れ弱火で2分炒める。白ワインを注ぎ沸騰したら火を止め、牛乳を加えて混ぜる。
弱火で温めとろみがついてきたら、柔らかくしたクリームチーズとピザ用チーズを入れて溶かし、塩・胡椒で味を調える。

【7】

5のハンバーグを付け合わせと一緒に皿に盛りつける。いただく際に塩釜を割り、 オーブンペーパーも外す。
お好みで温かいチーズソースをかける。

★調理のコツ・ポイント★

「かんたん 塩釜焼きの素」は、とっても簡単に塩釜焼きができます。普段のハンバーグがうまみが詰まったご馳走ハンバーグになります!
写真の付け合わせは、ローストポテト・人参グラッセ・ブロッコリー・ミニトマトです。お好みでご用意ください。

レシピ制作者

小川 典子

小川 典子:N's kitchen(千葉県 習志野市 谷津)

■先生のプロフィール

大手や個人の料理教室に学生時代から通い 料理研究家千葉道子先生の助手を勤める 1997年より自宅で料理教室…(全て読む)


ページのトップへ戻る