さごしのきずしのレシピ、作り方(佐藤 絵里子)

クスパ > クスパ レシピ > 魚介のおかず > その他 > さごしのきずし

クスパ レシピ

さごしのきずし 佐藤 絵里子先生

印刷する

3

さわらの幼魚さごしを使ってつくる、関西ではおなじみの料理です。紅白なますにそえておせちに。

<材料>  分量:作りやすい分量   調理時間:数時間

さごし(3枚おろし)
半身
自然塩
大さじ1強
A 米酢
100㏄
A 水
50cc
A 砂糖
小さじ2
A 昆布
10cm角
A 鷹の爪(小口切り)
数個

作り方

【1】

Aを混ぜておく。

【2】

さごしの両面にまんべんなく塩をふり、2~3時間冷蔵庫におく。

【3】

塩を水でさっと洗い流し、ペーパータオルで水気をふき、適当な大きさに切り、Aに漬ける。(数時間~2日間が食べ頃お好みで)

【4】

薄切りまたは切かけ造りにして、和辛子またはわさび、醤油を添える。


★調理のコツ・ポイント★

* 切かけ造り→切り込みを入れてから切り離す方法。脂気が多い魚の場合は、切かけ造りにして、味の含みをよくします。
* さごしの血合い骨はサバほど大きいものはないので取らなくても食べる時に気にならない。

レシピ制作者

佐藤 絵里子

佐藤 絵里子:お料理&お菓子の教室 12カ月(兵庫県 西宮市 南郷町)

■先生のプロフィール

関西学院大学史学科卒業後、辻学園調理・製菓専門学校に入学し調理師免許を取得。ツアーコンダクターとして、世界…(全て読む)

■インターネット予約可能なレッスン

2019年 5月26日(日)   皐月の和食


ページのトップへ戻る