イワシソテー トマトソース添え(親子クッキング)のレシピ、作り方(大塚 有子)

クスパ > クスパ レシピ > 魚介のおかず > いわし > イワシソテー トマトソース添え(親子クッキング)

クスパ レシピ

イワシソテー トマトソース添え(親子クッキング) 大塚 有子先生

印刷する

【アルチェネロ「有機トマトピューレー」使用】
イワシをオリーブオイルでソテー。アルチェネロ有機トマトピューレーでイワシのおいしさを引き立てるソースを作り、たっぷりつけていただきます。

【日仏貿易×クスパ】コラボ企画で制作されたレシピです。

<材料>  分量:4人分   調理時間:20分

イワシ
4尾
塩・コショウ(下ごしらえ用)
少々
小麦粉
大さじ2
カレー粉(好みで調節)
小さじ1/4~1/2
オリーブオイル
適量
アルチェネロ「有機トマトピューレー」
1パック(200g)
玉ねぎ
1/2個
ニンニク
1片
塩・コショウ
少々
オリーブオイル(ソース用)
適量
大さじ2
ローレル
1枚
パセリ
適量

作り方

【1】

三枚におろしたイワシに塩・コショウをしてしばらく置き、キッチンペーパーでお子さんに水分をとってもらう。
小麦粉とカレー粉を入れたビニール袋にイワシを3切れくらいづつ入れて、袋の口を手で握り、軽く振りながら粉をまぶす。これもお子さんにやってもらいましょう。

【2】

オリーブオイルを熱したフライパンに1のイワシを入れて中火で焼く。外側が白っぽくなってきたら裏面も焼き、焼けたら別皿に取っておく。
お子さんにどの切り身の外側が白くなったか教えてもらいましょう。

【3】

同じフライパンに(匂いが気になる時はペーパーで拭き取ってください。)オリーブオイルを追加し、みじん切りにした玉ねぎとニンニクをしんなりするまで炒め、トマトピューレー、酒、ローレルを加え、へらで少しかき混ぜながら煮詰める。

【4】

お子さんに味見をしてもらい、「何が足りないかな~」などと一緒に考えながら、塩・コショウで味を調える。最後の一振りに「おいしくな~れ!」の声がけもしてもらいましょう!


【5】

大皿に3のトマトソースの1/3を敷き、イワシのソテーをのせ、お子さんに刻んだパセリを飾ってもらいましょう。
食べるときは、残りのソースを好みで調節してください。
*写真 全体にソースを絡めてもおいしくいただけます。

★調理のコツ・ポイント★

イワシは薄いので、中火でさっと表面をソテーしましょう。パサつかずパリッと仕上がります。
青魚が苦手な場合、イワシは一口大にカット。ソテーした油を拭き取ってからソースを作り、ソースは全体に絡めて盛り付けてください。魚臭さがなく、トマトソースの旨味でおいしく食べられます。

レシピ制作者

大塚 有子

大塚 有子:天然酵母パン教室 Nature(東京都 小平市 大沼町7丁目)

■先生のプロフィール

2年間、個人の天然酵母パン教室でパン作りを習う。 以来、20年以上自宅にて天然酵母パン教室を開催。 2…(全て読む)

■インターネット予約可能なレッスン

2018年11月22日(木)   クルミ・イチジク入りカンパーニュ


ページのトップへ戻る