サーディンのパンツァネッラ 自家製マヨネーズのレシピ、作り方(高見 牧子)

クスパアワード2020とは?
1年で最も支持を集めた料理教室の先生を発表するクスパアワード。2020年も、ユーザー様からの投票数・クチコミ数・アクセス数などを総合的に審査し、満足度が高かった教室を表彰する予定です。
2020年に参加した料理教室のなかで、もっとも満足度の高い教室を「クスパアワード2020 この教室に投票する」ボタンより、ご投票をお願いいたします。
なお、投票はお1人様1教室しかできません。不正があった場合は無効票となります。
投票期間:2020年12月1日(火)~2021年1月5日(火)
×
2020年一番満足度の高い教室は?クスパアワード投票受付中!

クスパ > クスパ レシピ > 野菜・きのこ・豆のおかず > いも、山いも > じゃがいも > サーディンのパンツァネッラ 自家製マヨネーズ

クスパ レシピ

サーディンのパンツァネッラ 自家製マヨネーズ 高見 牧子先生

印刷する

普段のポテトサラダも、具材、盛り付けを変えるとおしゃれサラダに変身!
固くなったパンが美味しく食べられるイタリアのサラダです

<材料>  分量:作りやすい分量   調理時間:15分(蒸す時間を除く)

じゃがいも(蒸して皮をむく)
3個
きゅうり(輪切り、塩もみ)
1本
紫玉ねぎ(薄切り、水にさらす)
1/4個
オイルサーディン
適量
バケット
適量
~マヨネーズ~
作りやすい分量
卵黄(常温)
1個
大さじ1
粒マスタード
小さじ1
オリーブ油
50㏄~
塩、こしょう
適量
ラディッシュ、オリーブ等
適宜

作り方

【1】

~マヨネーズを作る~
ボールにオリーブ油以外の材料を入れる→よく混ぜ合わせる

【2】

オリーブ油を糸のように少しづつ加えて乳化させる(一定方向に混ぜた方が失敗が少ない)

【3】

じゃがいもが熱いうちにマヨネーズと混ぜる
じゃがいもの粗熱が取れたら、他のサラダの具を混ぜる

【4】

器に盛りつける


★調理のコツ・ポイント★

マヨネーズは卵黄を常温に戻してから使うと分離しにくいです。また、油も少しづつ加ええて乳化させることもポイントです

レシピ制作者

高見 牧子

高見 牧子:家族とキッズのための料理教室Omoiyari-kitchen(東京都 国分寺市 東恋ケ窪)

■先生のプロフィール

【クスパ公認インスタアンバサダー】【生活百科 東京おすすめ料理教室9選】 税理士・ファイナンシャルプランナ…(全て読む)

■ネット予約可能なレッスン

2020年12月 5日(土)   【キッズ】おうちで作ろう!冬休みのお楽しいごはん


ページのトップへ戻る



クスパからのお知らせ

2020年12月1日

毎年恒例のクスパアワードの投票がスタートしました!!
毎年ユーザー様から投票数・アクセス数・クチコミ数・アクセス数等から総合的に審査し、満足度が高かった教室を表彰します!

【投票受付期間】
2020年12月1日(火)~2021年1月5日(火)23:59