しっとりチキンのネギ塩だれのレシピ、作り方(栗田 登志子)

クスパアワード2017とは?
1年で最も支持を集めた料理教室の先生を発表するクスパアワード。2017年も、ユーザー様からの投票数・クチコミ数・アクセス数などを総合的に審査し、満足度が高かった教室を表彰します。
2017年によく通った教室・楽しかった教室など、クスパアワードで応援したい教室の「クスパアワード2017 この教室に投票する」ボタンより、ご投票をお願いいたします。
投票期間:2017年12月5日(火)~2018年1月5日(金)
×
2017年一番満足度の高い教室は?クスパアワード投票受付中!

クスパ > クスパ レシピ > お肉のおかず > 鶏肉 > 鶏むね肉 > しっとりチキンのネギ塩だれ

クスパ レシピ

しっとりチキンのネギ塩だれ 栗田 登志子先生

印刷する

43

塩味が美味しさの決め手!いろんなお料理に使えるネギ塩だれとしっとりチキンの相性もバッチリです

<材料>  分量:5~6人分   調理時間:約15分

水 A
800cc
ネギ(青い部分) A
1本分
しょうが(皮つき薄切り) A
2かけ
大2
鶏むね肉
2枚
白ネギ(みじん切り) B
1/4本分
にんにく(みじん切り) B
1カケ
和の手塩 B
小1
はちみつ B
大1と1/2
レモン汁 B
大1
ゴマ油 B
大2
コショウ B
少々
煎りゴマ
大1
白髪ねぎ
適宜
青ネギ
適宜

作り方

【1】

鶏肉は両面に塩をしてペーパーに包んでしばらく置いて臭みの水分を出す。

【2】

小麦粉を薄くまぶしてAを沸かした所に入れ、酒も加えて蓋を閉めて2分ゆで、そのまま火を止めて冷めるまで置く。

【3】

Bを合わせてレンジに煮立つまでかける(約30秒)。冷めてからいり胡麻を混ぜる。

【4】

2の鶏肉を食べやすい大きさにスライスしてお皿に盛りつけ、塩だれをかけて白髪ねぎと青ねぎを飾る。


★調理のコツ・ポイント★

鶏肉は茹で汁に浸けたままゆっくりと冷ますことで余熱で火が入りしっとり仕上がります。茹で汁はスープとして利用しましょう。

レシピ制作者

栗田 登志子

栗田 登志子:栗田クッキングサロン(兵庫県 神戸市東灘区 住吉宮町)

■先生のプロフィール

短大英文科卒業後、各国料理・パン・懐石料理教室などに通う。その後懐石料理教室助手を務める傍ら女子栄養大学通…(全て読む)


ページのトップへ戻る


スタッフイチオシ『クリスマスにぴったりなおもてなしメニュー!』