塩が決め手の葱味噌パーティパンのレシピ、作り方(森直子)

クスパ > クスパ レシピ > パン > 菓子パン ・おかずパン・蒸しパン > おかずパン > 塩が決め手の葱味噌パーティパン

クスパ レシピ

塩が決め手の葱味噌パーティパン 森直子先生

印刷する

1

米麹を水分代わりに仕込んだ手ごねパンを和風のパーティサンドに仕立ててみました。最後にトッピングソルトを振りかけて、さんまの甘露煮&クリームチーズを合わせたフィリングと柚子みその旨みを調和させ、更に引き出します。

<材料>  分量:5人分   調理時間:30分

強力粉
200g
インスタントドライイースト
4g
脱脂粉乳
4g
全卵
40g
砂糖
24g
米麹
180g
水(調製用)
10~20g
ショートニング
10g
卵(残りでOK 溶いて仕上げに使う)
約20g
さんまの甘露煮
4匹
クリームチーズ
40g
桜の花の塩漬け
5枚
トッピングソルト
適量

作り方

【1】

ボールに水、卵以外の材料を計量する。ゴムべらでざっと混ぜて、卵、水を加えてまとまるまで混ぜ、混ざったらストレッチスタンドに取り出して、生地を作り、一次発酵40分。(ホームベーカリーで一次発酵終了まで進めても可)

【2】

生地を5等分して丸め、ベンチタイム15分置く。生地を三つ折りにした後、上下の端を更に閉じて、先が細くなるように成形する。閉じ目が下に来るように天板に置き仕上げ発酵30分。

【3】

溶き卵を刷毛で表面に薄く塗り、包丁やクープナイフで真中に切り込みを入れ、その上に柚子みそを塗る。トッピングソルトを振りかけオーブン180度で12粉焼成

【4】

パンが冷めたら切り込みを入れ、さんまの甘露煮にクリームチーズを加えたものを挟み込み、桜の花を散らす。最後にトッピングソルトを散らす。(桜の塩漬けは水で振り洗いしたものを使用する)


★調理のコツ・ポイント★

桜の花は、季節商品ではなく製菓材料店で年中取り扱いがあります。お皿を華やかに彩るポイントに使うと効果的

レシピ制作者

森直子

森直子:魔法のパン工房(東京都 品川区 豊町2丁目)

■先生のプロフィール

大学卒業後、事務機器のインストラクターをえて飲料メーカーマーケティング部に就職、結婚を機に退職。結婚後、自…(全て読む)


ページのトップへ戻る