いかのライスファルシー、パセリソースのレシピ、作り方(橋本美樹子)

クスパ > クスパ レシピ > 魚介のおかず > 海老・いか・たこ・かに > いか > いかのライスファルシー、パセリソース

クスパ レシピ

いかのライスファルシー、パセリソース 橋本美樹子先生

印刷する

2

柔らかいやりいかに「旨っカレー米」を詰めて焼いた、手軽にできるおしゃれな料理。
詰め物にしてもご飯がつぶれず、しっかりとした弾力が楽しめます。
いかのうまみを引き立てるパセリソースで召し上がれ。

<材料>  分量:4人分   調理時間:20分

やりいか(中)(刺身用)
2ハイ
「旨っカレー米」(炊いた状態)
1/2合程度
パセリみじん切り
大さじ2
にんにくみじん切り
1/4片
小さじ1/4程度
オリーブオイル
大さじ1,5
白ワイン
大さじ1
オリーブオイル
大さじ1
パセリみじん切り
大さじ2
ひとつまみ
こしょう
少々
●付け合わせ野菜(ベリーリーフなど)
適量

作り方

【1】

いかは胴体と内臓の部分を離す。
胴体の中の軟骨を取り除き、指を入れて中身を取り除き、皮をむく。
内臓の部分は、足の部分のみをみじん切りにする。

【2】

ボウルに炊いた「旨っカレー米」、みじん切りにしたいかの足、パセリ、にんにくと塩、こしょう、オリーブオイル(大さじ1,5)を入れ、混ぜ合わせる。

【3】

いかの胴体に【2】を8~9分目ほどまで詰め、楊枝で留める。
(いかの上の部分に楊枝で一カ所穴を開けると先端まで詰められる。)

【4】

フライパンにオリーブオイル少々(記載外)を温め、いかを焼く。
弱めの中火でころがしながら焼き(4分ほど)、全体がこんがりするまで焼けたら、一度取り出しておく。


【5】

パセリソースを作る。
【4】のフライパン(洗わずそのまま使う)にオリーブオイル(大さじ1)、白ワイン、パセリ、塩、こしょうを入れ、軽く炒める。

【6】

皿にパセリソースを敷き、2cmほどの幅に切ったいかを乗せ、付け合わせの野菜を添える。

★調理のコツ・ポイント★

いかの先端に一カ所、楊枝で穴を開けておくと、ご飯が先まで詰められ、また、いかを焼く時の破裂を防ぎます。
ただし、詰めすぎに注意してください。
ご飯の量はいかの大きさで調整してください。

楊枝で留める時は、エンペラと平行になるようにすると焼きやすい。

レシピ制作者

橋本美樹子

橋本美樹子:元町エムズキッチン(神奈川県 横浜市中区 元町)

■先生のプロフィール

幼い頃から料理好きの母の横で台所に立ち、自然に家庭料理の基礎を学ぶ。 銀座の宝飾会社勤務と並行してアロライ…(全て読む)

■インターネット予約可能なレッスン

2019年 9月 3日(火)   エムズC 秋の味覚たっぷり。アジアンテイストのおばんざい


ページのトップへ戻る