桜の花びらちらしのレシピ、作り方(大塚 有子)

クスパアワード2019とは?
1年で最も支持を集めた料理教室の先生を発表するクスパアワード。2019年も、ユーザー様からの投票数・クチコミ数・アクセス数などを総合的に審査し、満足度が高かった教室を表彰する予定です。
2019年に参加した料理教室のなかで、もっとも満足度の高い教室を「クスパアワード2019 この教室に投票する」ボタンより、ご投票をお願いいたします。
なお、投票はお1人様1教室しかできません。不正があった場合は無効票となります。
投票期間:2019年12月2日(月)~2020年1月7日(火)
×
2019年一番満足度の高い教室は?クスパアワード投票受付中!

クスパ > クスパ レシピ > ご飯もの > 寿司 > ちらし寿司 > 桜の花びらちらし

クスパ レシピ

桜の花びらちらし 大塚 有子先生

印刷する

6

桜の塩漬けと花びら型に型抜きした野菜と、生姜の酢漬け、鮭フレークを炊きあがったご飯に混ぜ合わせただけの簡単な見た目も楽しい、春を感じるちらし寿司。

<材料>  分量:4人分   調理時間:15分

お米(「旨っカレー米」など)
2合
桜の塩漬
15個ほど
生姜の酢漬け
30g
大根
2㎝
にんじん
1cm
しいたけ
3個
鮭フレーク
大さじ4
だし汁
大さじ4
大さじ1
みりん
大さじ1
少々

作り方

【1】

桜の塩漬は軽く洗い1~2分水につけ塩抜きし、クッキングペーパーで水気をとる。
生姜の酢漬けは5㎜程に切っておく。

【2】

大根・人参・しいたけは薄くスライスし、花びら型に型抜きし、だし汁に酒・みりん・塩を加え1、2分さっと煮る。

【3】

炊きあがったご飯を容器に移し、団扇であおぎ冷ましながら生姜・野菜・鮭フレークと混ぜ合わせ、最後に桜を優しく混ぜ合わせる。

【4】

器に盛り付け、茹でた菜の花などを飾る。


★調理のコツ・ポイント★

1 野菜はさっと煮てシャキシャキ感を残したほうがおいしい。
2 お子様には生姜の分量をひかえる。その分はすし酢を少し加えるか、生姜の酢漬の汁で野菜を煮るなどして味を調える。
3 粘りの少ないお米(「旨っカレー米」など)を使うと、柔らかい花びらが崩れにくい。

レシピ制作者

大塚 有子

大塚 有子:天然酵母パン教室 Nature(東京都 小平市 大沼町)

■先生のプロフィール

2年間、個人のホシノ天然酵母パン教室でパン作りを習う。 以来、20年以上自宅にて天然酵母パン教室を開催。…(全て読む)

■インターネット予約可能なレッスン

2019年12月18日(水)   味わい深いシュトーレン&ホットワイン 持帰り1本生地2本  


ページのトップへ戻る