釣ってきた手長えびの ピリ辛炒めのレシピ、作り方(旬子(しゅんこ))

クスパ > クスパ レシピ > 魚介のおかず > 海老・いか・たこ・かに > 海老 > 釣ってきた手長えびの ピリ辛炒め

クスパ レシピ

釣ってきた手長えびの ピリ辛炒め 旬子(しゅんこ)先生

印刷する

23

これからが旬! 手長えびを釣って美味しく頂きましょう

<材料>  分量:3~4人分   調理時間:3日

手長えび
35匹前後
適量
生姜(微塵切り)
1片
にんにく(微塵霧)
1~2片
唐辛子(小口切り)
1本
長ネギ(微塵切り)
1/2本
紹興酒(合わせ調味料)
大匙1
砂糖(合わせ調味料)
大匙2
酢(合わせ調味料)
大匙2
醤油(合わせ調味料)
大匙2
鶏がらスープの素(合わせ調味料)
小匙1/3

作り方

【1】

5月から釣れ始める手長エビを川で釣ってくる。 釣ったら酸素を与え持ち帰る。

【2】

釣ってきたエビをバケツに入れ、1日に3回~水を替え、酸素を与え、丸1日~2日ほど生かして泥を吐かせる。

【3】

水が汚れなくなったらエビをザルに取り、たっぷりの氷水に入れ10分~放置。

【4】

3のエビが静かになったか確認。 氷水ではなく、アルコールに入れ酔っ払いエビの処理でもよい。


【5】

エビがおとなしくなったら軽く水洗いし、水気をしっかり拭き取り、170℃くらいでしっかり素揚げする。

【6】

殻も食べられるくらいに素揚げしましたら、油をきる。

【7】

ボールに、合わせ調味料を合わせる(紹興酒~スープの素まで)

【8】

フライパンに適量の油・生姜・ニンニク・唐辛子をいれ、火にかけ、香りを出す。


【9】

香りが出ましたら(焦がさないように)、素揚げした海老をれ炒め、葱の微塵切りも加える。

【10】

合わせ調味料を入れる。

【11】

水っぽさが無くなるまで炒める。

【12】

出来上がり。


★調理のコツ・ポイント★

エビは生かして持ち帰り、泥をしっかりはかせること。

レシピ制作者

旬子(しゅんこ)

旬子(しゅんこ):Daidocolo(東京都 大田区 下丸子)

■先生のプロフィール

ホームメイド協会パンコース師範・マイスター取得。一茶庵・他の教室にて蕎麦・うどん打ちマスター 蕎麦・うどん…(全て読む)


ページのトップへ戻る


スタッフイチオシ『薬膳・マクロビ・ローフード特集』


クスパからのお知らせ

2019年11月12日

【重要】メール送信不具合のお知らせ

いつもクスパをご利用いただき、ありがとうございます。hotmail/outlook宛のメールが下記期間で不達となっておりましたので報告致します。

〇不達期間
11/7 13:00 ~11/12 19:00

上記期間の予約・問合せの連絡に関してはクスパのメッセージ機能にてご確認ください
※不達のメールは再送されませんのでご了承ください

尚、現在は復旧しておりますので、通常通りサイトをご利用いただけます。
ご迷惑おかけして申し訳ございませんでした。