ピーナッツバターのシナモンロールのレシピ、作り方(牧 志穂)

クスパ > クスパ レシピ > パン > 菓子パン ・おかずパン・蒸しパン > 菓子パン > ピーナッツバターのシナモンロール

クスパ レシピ

ピーナッツバターのシナモンロール 牧 志穂先生

印刷する

2

【アメリカ産ピーナッツバターを使用】
バターや卵がたっぷり入ったふんわり生地に、コクのあるピーナッツバターと香り高いシナモンを
巻き込んだオリジナルのシナモンロールです。
【アメリカピーナッツ協会×クスパ】コラボ企画で制作されたレシピです。

<材料>  分量:5個分   調理時間:120分

(A)強力粉
200gの1/2
(A)砂糖
大さじ2
(A)インスタントドライイースト
小さじ1・1/3
(A)溶き卵
26g
(A)卵黄
1個分
(A)ぬるま湯
75~85ml
(B)強力粉
200gの1/2
(B)塩
小さじ1/2
(B)バター(食塩不使用)
40g
(成形用)
ピーナッツバター(クランチタイプ)
60g
砂糖(はちみつ)
小さじ2
シナモンパウダー
小さじ1・1/2
バター(食塩不使用)
10g
(焼成用)
溶き卵
適量
アーモンドスライス
適量
(仕上げ用 クリームチーズアイシング)
クリームチーズ
30g
粉糖
30g
バター(食塩不使用)
7g
レモン汁
小さじ1/4

作り方

【1】

(A)の材料を大きなボウルに計量する(砂糖の隣にイースト、イーストの反対に卵)。
(B)の材料は別の小さなボウルに計量する。

【2】

(A)のボウルのイーストめがけてぬるま湯(30~43度位)を入れ、木べらでよく混ぜる。

【3】

(B)の材料を(A)のボウルに加え、粉が飛び散らないように静かに混ぜ、まとめる。

【4】

清潔な台の上に出し、生地をこねる。


【5】

生地を丸めてとじめをして、とじめを下にしてボウルに入れる。
乾燥しないようにラップをかける。
40度で25~30分1次発酵する。

【6】

(1次発酵中 シナモンピーナツバターシュガーを作る)
ボウルに、室温に戻したバター・砂糖・ピーナツバターを入れ、ゴムベラで混ぜる。シナモンパウダーを加え混ぜる。

【7】

1次発酵完了後、フィンガーテスト(強力粉を人差し指につけ、生地に穴を開けてとじてこなければOK)をする。

【8】

ガス抜きをする。
生地を取り出し、丸めなおしとじめをする。とじめを下にして濡れ布巾またはラップをかけベンチタイムを5~10分とる。


【9】

とじめを上にしてめん棒で軽く十字に押さえる。
めん棒を横向きにし生地にあて、中心から奥・中心から手前に動かす。
めん棒を縦にし中心から左へ・中心から右へと転がして伸ばす。(縦24cm×横20cmの長方形)

【10】

生地にシナモンピーナツバターシュガーをのせる。
奥2cm、手前・左右1cmあけて全体に塗り広げる。

【11】

生地を手前から巻き、巻き終わりを下にする。

【12】

スケッパーを使い、軽く5分割に跡をつける。


【13】

跡を目印に、5分割にスケッパーでカットする。

【14】

マドレーヌ型のアルミカップに(100均一)切り口を上にして置く。

【15】

ラップをかぶせ、1個ずつ手のひらで8cmくらいに押し広げる。

【16】

ラップをかけ、2次発酵を40度約15分する。


【17】

2次発酵後
オーブンを180度に予熱する。

【18】

予熱中に溶き卵を生地の表面に塗り、お好みでアーモンドスライスを乗せる。
180度12~17分焼き、取り出して金網で粗熱をとる。

【19】

粗熱を取っている間に常温に戻したバター・クリームチーズ(冬場などは一瞬、焼いた後のオーブンに入れて柔らかくすると良い)を器に入れ、ゴムベラでなじませる。
粉糖を加え、ゴムベラで混ぜ、レモン汁を加えて混ぜる。

【20】

絞り袋に入れ、先端を3mmカットして
粗熱を取ったパンの表面にかける。
(絞り袋がない場合はスプーンで表面に塗り広げる)。


★調理のコツ・ポイント★

・ピーナツバターはクランチタイプを使用。
・バター・卵は常温に戻す。
・電気オーブン・オーブンの発酵機能を使用。
・上に仕上げでかける、クリームチーズアイシングの代わりに普通のアイシング:粉糖30g、水小さじ1位でもOK。

レシピ制作者

牧 志穂

牧 志穂:Seren Cooking School 星ヶ丘(愛知県 名古屋市名東区 にじが丘)

■先生のプロフィール

名古屋市の自宅で料理・パン・スイーツ教室を主宰。 結婚前は、東京赤坂にて大人数制料理教室を開催。 20…(全て読む)


ページのトップへ戻る