春の海のジャックポテトのレシピ、作り方(森 由美子)

クスパ > クスパ レシピ > その他 > その他 > 春の海のジャックポテト

クスパ レシピ

春の海のジャックポテト 森 由美子先生

印刷する

1

森 由美子がイギリス留学時代に出会った素朴なじゃがいも料理。
じゃがいもをくり抜き、カップにして詰めものをしていきます。
シーフード以外に、挽き肉、ハーブ&旬野菜など、アレンジが自由自在!
見た目も可愛てく喜んでもらえる1品です。

<材料>  分量:4人分   調理時間:40分

じゃが芋
4ケ
※菜花やブロッコリー
適量
※魚介類
適量
※オーロラソース
適量
必要量
ディル
飾り用

作り方

【1】

じゃがいもは蒸して、皮を厚めに残しながら内部をスプーンやナイフで取り出す。
取り出したじゃがいもは細かくカットする。

【2】

ボールに、カットしたじゃがいもと食べやすくカットした{※}を適量入れ和える。必要に応じ塩をする。

【3】

耐熱皿に穴の開いたじゃがいもを置き、②の具材を詰め、オーブンで焼く。(240℃ 数分)

【4】

焼けたらお皿に盛り、ディルを乗せ、オーロラソース(※コツ・ポイントの欄を参照)を添えて仕上げる。


★調理のコツ・ポイント★

※オーロラソースはマヨネーズとケチャップを同量混ぜて作ったソース。あるとグッとお味がUP!当教室では手造りします。
無ければオリーブオイルなどをまわしかけてもOK!
※魚介類の替わりに挽き肉、旬野菜やハーブのみなど、アレンジ自由自在♬

レシピ制作者

森 由美子

森 由美子:パリ15区ヘルシーフレンチ教室(東京都 港区南青山)

■先生のプロフィール

表参道・骨董通り近くで「パリ15区」主宰。小田原市江の浦に、相模湾を見渡せる小さな自然農畑を、パリ郊外にア…(全て読む)

■ネット予約可能なレッスン

2020年10月28日(水)   秋の味覚ヘルシーフレンチ(添加物の話その2)【対面レッスン】


ページのトップへ戻る



関連リンク

種類
その他 > その他