いちじくのコンフィチュールのレシピ、作り方(名田 緑)

クスパ > クスパ レシピ > お菓子 > ジャム・クリーム・ソース > ジャム・コンフィチュール > いちじくのコンフィチュール

クスパ レシピ

いちじくのコンフィチュール 名田 緑先生

印刷する

5

フレッシュでもおいしいいちじく、コンフィチュールにすると香り高く甘酸っぱい、生とは違うおいしさが楽しめます。
サーモンピンクのきらきらな瓶は、見ているだけで幸せな気持ちになりますよ。

<材料>  分量:200mlジャムの瓶4個分くらい   調理時間:45分(グラニュー糖漬け込み時間を除く)

いちじく(皮をむいて正味)
800g
グラニュー糖
280~320g いちじくの35~40%
レモン果汁
40ml

作り方

【1】

ピーラーやペティナイフを使っていちじくの皮をむき、計量する。
大きめのものは6等分、小さめのものは4等分に縦に串切りする。

【2】

いちじくの重さの35~40%の量のグラニュー糖を加え、軽く混ぜ合わせて2時間置く。
グラニュー糖の量はいちじくの熟し具合、甘さにもよりますが、お好みで。

【3】

水分が出たら中火で炊く。あくが出てくるので丁寧に取り除く。

【4】

あくが少なくなって、とろみが出てきたらきたらレモン果汁を加える。
細かい濾器で、あくの中に残った「つぶつぶ」をきれいに洗う。水分をよく切って鍋に戻す。(つぶつぶを戻す作業は省いてもいいです。)


【5】

ほんの少しお皿に取り、冷凍庫に2分ほど置いて、常温まで冷やしてとろみを確認する。好みのとろみになったらできあがり。
熱いうちに煮沸消毒した瓶に入れて蓋をし、逆さまにして冷ます。

★調理のコツ・ポイント★

・お砂糖は上白糖でも大丈夫です。きれいなローズ色に仕上げるために、三温糖などではなく、白いお砂糖がいいですね。
・コンフィチュールは強めの火で短時間で仕上げるとおいしくできます。
・いちじくは大きさにもよりますが、一個80~150gです。

レシピ制作者

名田 緑

名田 緑:イタリア、フランス料理の教室 LA CUCINA VERDE(神奈川県 横浜市都筑区 大棚西)

■先生のプロフィール

単身イタリアに渡り、現地の料理学校や一般家庭の主婦からイタリア各地の料理を学ぶ。 帰国後、ル・コルドン・ブ…(全て読む)

■ネット予約可能なレッスン

2020年10月28日(水)   イタリア料理(地方のおそうざい)


ページのトップへ戻る