オレンジコンフィとオランジェットのレシピ、作り方(名田 緑)

クスパ > クスパ レシピ > お菓子 > ジャム・クリーム・ソース > ジャム・コンフィチュール > オレンジコンフィとオランジェット

クスパ レシピ

オレンジコンフィとオランジェット 名田 緑先生

印刷する

1

少しの手間と時間がかかりますが、
きらきらに仕上がった手作りは格別。
そのままいただくのはもちろん、
刻んでお菓子に加えたり、パン生地に混ぜ込んだり。
コンフィを乾燥させたオランジェットにチョコがけしたものは
贈りものにしても喜ばれますよ。

<材料>  分量:オレンジ4~5個分   調理時間:1週間~10日

オレンジ
800g
A グラニュー糖
400g
400ml
B グラニュー糖
200g
C グラニュー糖
200g

作り方

【1】

1日目。
低めのぬるま湯の中で
たわしなどでしっかりとオレンジの表面を洗う。
楊枝か金串で、表面に150〜200か所ほど穴を開ける。
果肉まで届かなくてよいので
リズミカルにポンポンと打つ。

【2】

大きめのお鍋にたっぷりの水とオレンジを入れて中火にかける。
沸騰したら茹でこぼす。
これをあと2回(合計3回)同じように茹でこぼす。
オレンジが浮いてくるので、
鍋の口径より小さめの蓋などをかぶせる。

【3】

たっぷりの水にオレンジを入れて2日おく。
浸けてる間に、水を1日に5〜6回替えて苦みを取る。
水を替える回数は神経質にこだわらず、
気がつけば替える、というように。

【4】

3日目。
菜箸などで固定して、オレンジを5~6ミリの厚さに切る。
種は苦みになるので取り除く。
種を取ると形が崩れる場合があるので、
無理に取らなくてよい。


【5】

Aグラニュー糖400gと水400mlを合わせて火にかけてシロップを作る。
グラニュー糖が溶ければいいので沸騰させなくてよい。
鍋にスライスしたオレンジを並べてシロップを注ぐ。

【6】

オーブンシートで落し蓋をして中火にかける。
沸騰したら鍋の蓋をして弱火で20分炊く。
鍋の蓋に付いた水滴は鍋の中のシロップに戻す。
冷ましてそのまま1日おく。

【7】

4日目。
オレンジの間のシロップの部分に
Bのグラニュー糖200gを入れて中火にかける。
鍋をゆすってグラニュー糖を溶かす。
沸騰したら鍋の蓋をして弱火で5分炊く。
鍋の蓋に付いた水滴は鍋の中のシロップに戻す。
冷ましてそのまま1日おく。

【8】

5日目。
オレンジの間のシロップの部分に
Cのグラニュー糖200gを入れて中火にかける。
鍋をゆすってグラニュー糖を溶かす。
沸騰したら鍋の蓋をして弱火で5分炊く。
鍋の蓋に付いた水滴は鍋の中のシロップに戻す。
冷ましてそのまま1日おく。


【9】

6日目と7日目にそれぞれ中火にかける。
グラニュー糖は加えず火入れのみ。
鍋の蓋はしなくてよい。
沸騰したら弱火で5分炊いて、
冷めたら鍋の蓋をしておく。

【10】

8日目。
さらさらだったシロップにとろみがつく。
オレンジに透明感が出てつやっぽくなったらできあがり。
シロップにとろみがつき過ぎると
オランジェットを作るときになかなか乾かずべたつきます。
シロップは煮詰めすぎないように。

【11】

オランジェット。
キッチンペーパーでシロップを軽く拭き取り、
100℃のオーブンで1時間乾燥させる。
途中で30分たったら裏返す。

【12】

ダークチョコレートを湯煎で溶かしてコーティングする。
チョコレートが固まればできあがり。
冬場はそのまま、暑い時期は冷蔵庫に5分入れて固める。


★調理のコツ・ポイント★

・オレンジと、ABC合わせたグラニュー糖は同量です。水はオレンジの重さの50%です。
・煮沸消毒した瓶に入れてシロップを注ぎ、完璧に脱気を施せば常温で3ヶ月保存できます。
・ジップロックなどに入れて空気を抜いて、冷蔵で1ヶ月保存できます。

レシピ制作者

名田 緑

名田 緑:イタリア、フランス料理の教室 LA CUCINA VERDE(神奈川県 横浜市都筑区 大棚西)

■先生のプロフィール

単身イタリアに渡り、現地の料理学校や一般家庭の主婦からイタリア各地の料理を学ぶ。 帰国後、ル・コルドン・ブ…(全て読む)

■インターネット予約可能なレッスン

2019年10月17日(木)   イタリア料理(地方のおそうざい)


ページのトップへ戻る